ルノー・カングー イマージュ(FF/4AT)

遅くても楽しい 2013.05.30 試乗記 2007年のフランクフルトショーでデビューした「カングー」。発表から5年を経ても、ルノー・ジャポンの総販売台数の半分以上を占めるという人気車種の魅力を確かめた。

人に薦めたくなるクルマ

先日、知り合いのカメラマンのTさんがぴっかぴかの「ルノー・カングー」に乗って撮影現場に現れた。「いいクルマ買いましたね~」と声を掛けると、「あなたが薦めてくれたんじゃないですかっ!」と返された。
そうでした、そうでした。ちょっと前、Tさんから「次のクルマは何がいいですかね~?」と相談されたのだ。走行距離が20万kmに近づいた2代目「アウディS4」にお金がかかるようになったことと、お子さんが生まれるタイミングが重なり、Tさんはクルマを探していた。
仕事とプライベートの両方に使えるクルマということで、迷わず「カングー」と答えたのだった。

「カングーを薦めたのは正解だったのか?」と考えながら、久しぶりにカングーの革巻きのステアリングホイールを握る。革巻き? 今回試乗するのは上級グレードの「ルノー・カングー イマージュ」なのだ。革巻きステアリングホイールが備わるほか、標準モデルではボディー同色となるフロントバンパーがシルバーになり、ファブリックのシートも3トーンになる。

イマージュのほうが全体に高級というか華やかな雰囲気になり、標準モデルの4AT仕様が229万8000円であるのに対して、イマージュが244万8000円。「バンパーとシートとハンドルが違うだけで15万も高いなら、標準でいいかな」と思われる方も多いかもしれない。
でもどっちにしようか悩んでいる方がいらしたら、迷わず15万円高のイマージュを推したい。標準モデルには用意されないESP(電子制御式の横滑り防止装置)がイマージュには標準装備されるからだ。これは絶対に付けるべき安全デバイスだ。

2代目「カングー」は、2007年のフランクフルトショーでデビューし、2009年9月に日本へ導入された。
2代目「カングー」は、2007年のフランクフルトショーでデビューし、2009年9月に日本へ導入された。
搭載されるエンジンは1.6リッター直4。105psと15.1kgmを発生する。
搭載されるエンジンは1.6リッター直4。105psと15.1kgmを発生する。
テスト車は上位グレードである「イマージュ」。レザーステアリングが装備される。
テスト車は上位グレードである「イマージュ」。レザーステアリングが装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る