三菱、今年の目標はEV初のパイクスピーク制覇

2013.05.16 自動車ニュース

三菱、電気自動車によるパイクスピーク初の総合優勝を狙う

三菱自動車は2013年5月16日、米国コロラド州で開催されるモータースポーツイベント「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」2013年大会に、EVプロトタイプの「MiEV EvolutionII」2台で参戦し、総合優勝を目指すと発表した。

「MiEV EvolutionII」とともにポーズをとる、増岡浩選手兼監督(左)と、中尾龍吾常務取締役(右)。
パイクスピーク参戦の意義を、「モータースポーツは技術を磨く研さんの場。レースで得た技術を生かし、より良い製品をお客さまに届けたい」と語る中尾氏。
パリダカールラリーで日本人唯一の2連覇を果たした増岡選手。昨年に続き、2013年もEVでパイクスピークに挑戦する。

■狙うはEV初のパイクスピーク完全制覇

三菱は、2012年に市販車部品を搭載した「i-MiEV Evolution」でパイクスピークに初参戦。予選でコースアウトするというアクシデントに見舞われたものの、増岡浩選手のドライビングにより電気自動車クラス2位を獲得していた。今年の目標は、電気自動車によるパイクスピーク初の総合優勝。目標タイムは昨年の優勝タイムが9分46秒であったことと、レギュレーションの変更による参加者のタイムアップを考慮し、昨年の記録より1分短い9分30秒を掲げた。

参戦車両の「MiEV EvolutionII」は、市販車用の量産部品を元に、パートナー企業と先行開発した高容量バッテリー、高出力モーターを搭載。駆動システムはフロント2基、リア2基の4モーターによる電動4WDで、専用ボディーによる車両軽量化や空力性能の改善とも相まって、昨年の参戦車両より走行性能は大幅に高められているという。

ドライバーには、ダカールラリーで日本人初の2年連続総合優勝を果たし、昨年もパイクスピークに参戦した増岡選手を監督兼務で起用。もう一台には、同レースの二輪車クラスで過去6度の優勝を誇るグレッグ・トレーシー選手が搭乗する。

2013年の参戦車両「MiEV EvolutionII」は、最高出力400kW、最大トルク800Nmの怪力の持ち主。0-100km/h加速は3秒以内でこなす。
モーターは前に2基、後ろに2基の計4基を搭載。フロントは2基のモーターが発生する駆動力を統合して前軸に伝達、後輪は左右輪それぞれを1基のモーターが駆動する仕組みだ。
ボディーはパイプフレーム製のシャシーにカーボン製のカウルの組み合わせ。4輪にトラクションをかけるため、前後ともダブルウィッシュボーン式サスペンションが用いられる。
【MiEV EvolutionII】
・全長×全幅×全高=4870×1900×1390mm
・ホイールベース=2700mm
・最高出力/最大トルク=400kW/800Nm
・バッテリー:50kWh

■参戦車両は2012年から全方位的に進化

今年の参戦車両である「MiEV EvolutionII」は、2012年の走行データや経験をもとに、直線でのタイム短縮のための動力性能向上、カーブでのタイム短縮のための旋回性能向上、安定したタイムを確保するための操作安定性向上の、3つの課題を重視して開発されたものである。

駆動モーターは1基ごとの出力を向上させるとともに(80kW→100kW)、搭載数を3基から4基に増加。合計出力を240kWから400kWに高めている。これと併せてバッテリーも強化。50kWhのバッテリーは低重心化のため、床下に敷き詰められるように搭載される。駆動方式は前後輪を2基ずつのモーターで駆動する電動4WDで、「ランエボ」などで定評のある車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用。車両に働くヨーモーメントを最適に制御するAYC(Active Yaw Control)や、ブレーキ力と駆動力を制御し、走行安定性を向上させる ASC(Active Stability Control)、ABSなどを統合制御することで、高い走行性能と優れた操縦安定性が追及されている。

ボディーはパイプフレーム製のシャシーにカーボン製のカウルをかぶせたもので、空力性能の追求により、空気抵抗を増やすことなく「i-MiEV Evolution」のおよそ4倍ものダウンフォースを得ることに成功したという。

三菱ではこれらの改良について、動力性能の向上により15秒、空力性能の向上により10秒、本年から使用が許可されるスリックタイヤの装備により20秒と、計45秒のタイム短縮が可能になると試算。残りの15秒分については、増岡選手いわく「今年が2度目となりますし、残りの15秒は私が縮めます」とのことだった。

装着タイヤはダンロップ製。2013年からはレギュレーションの変更により、スリックタイヤの使用が可能となる。
記者からの質問に答える増岡選手。「2012年のパイクスピークでの、コースアウトの原因を教えてください」との問いに、「ヘアピンを、3つ先のコーナーと勘違いしまして……」と苦笑いしていた。

■ライバルはツワモノぞろい

先述の通り、三菱の「MiEV EvolutionII」が総合優勝を遂げれば、EVとして初の快挙となる。
パイクスピークでのEVの優位性について「静かで速く、エンジン車よりレスポンスも良い」「パイクスピークの頂上付近は平地より40%も空気が薄い。エンジン車はパワーダウンしてしまうが、EVは最後まで全力でいける」と語る増岡選手だが、最大のライバルとして挙げたのは、最高出力800psのエンジン車を投入するプジョー。「ドライバーもWRC王者のセバスチャン・ローブと強力なので、エンジン車の最速タイムは恐らくプジョーが出すだろう」とのことだ。
また、同じEVクラスのライバルとしては、パイクスピークの常連であるモンスター田嶋選手のチームと、昨年、奴田原選手のドライブでEVクラス優勝を果たし、今年はロッド・ミレン選手を起用しての参戦を表明しているトヨタチームを挙げた。

2013年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、6月25日に開幕。同月30日に決勝が行われる。

(webCG 堀田)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。