「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

2013.05.16 自動車ニュース
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」 拡大

「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

本田技研工業は2013年5月16日、軽乗用車「N BOX」「N BOX+」および「N BOXカスタム」「N BOX+カスタム」の特別仕様車、「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」を発売した。

「N BOX+カスタム SSパッケージ」
「N BOX+カスタム SSパッケージ」 拡大
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。 拡大
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」 拡大

今回の「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」は、装備を充実させながら価格をおさえたとされる特別仕様車。車名に添えられる「SS」は、「Suzuka Special」の略である。
それぞれのベースモデルと特別装備の内容は、以下のとおり。

■N BOX/N BOX+の「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・クロムメッキ(アウタードアハンドル/セレクトレバーボタン/エアコンアウトレットノブ/リング)
・シルバーリング塗装ドリンクホルダー(運転席/助手席)
・シルバー塗装メーターリング
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの139万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの163万円まで。

■N BOX/N BOX+の「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付き)
・クロムメッキ・アウタードアハンドル
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの149万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの174万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・14インチアルミホイール(ブラック)
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの159万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの181万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ナビ装着用スペシャルパッケージ<リアワイドカメラ、リア2スピーカー、マイクロアンテナ(ワンセグTV対応)付き>
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの168万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの189万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOXN-BOXカスタムN-BOX+N-BOX+カスタムホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
  • 新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場 2018.6.1 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダから軽二輪のニューモデル「CB250R」が登場 2018.3.8 自動車ニュース ホンダが軽二輪のニューモデル「CB250R」を発表。“新世代CBシリーズ”に属する250ccクラスのネイキッドロードスポーツモデルで、市街地での普段使いからワインディングロードまで、幅広いシチュエーションで走りを楽しめるバイクとなっている。
ホームへ戻る