【スペック】全長×全幅×全高=4910×1860×1475mm/ホイールベース=2970mm/車重=1770kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5000rpm、27.5kgm/1250-4500rpm)/価格=610万円(テスト車=708万7000円)

BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】

得した気分を味わえる 2012.03.19 試乗記 BMW 523i(FR/8AT)
……708万7000円

仕様変更により、エンジンが2.5リッター直6から2リッター直4ターボに載せ換えられた「523i」。セダンモデルでその走りと燃費性能を試した。

2リッターの「5シリーズ」

6速、1200rpmで50km/h。スーッと加速していって、7速へ。そのうちにトラフィックが遅くなって……52km/h。まだ7速。1050rpmぐらい。まだ直結。つまり、ロックアップのクラッチは離れても滑ってもいない。速度キープ、全然イージー。多少の加速もそのままイケる。でもさすがに1000rpmを下まわると、ATはギアを1段落とす。ん〜。

と、「523i」は例えばそんな状況というか運転というかが“Freude am Fahren”だったりもするわけです。駆け抜ける、ヨロコビ……の漢字は“喜び”か。ドライバーの要求にクルマ側がキッチリ応えて、ヤレといわれたことをやってくれると、なにもぶっ飛ばしたりしなくたってドライビングプレジャーはある。かなりある。

東京都品川区の自宅を出発して、都心環状線から常磐道へ。谷田部出口の料金所までの64km区間(平均車速75.1km/h)の燃費は、オンボードコンピューターによると18.2km/リッター。3時22分スタートでいまは4時15分、なんて情報も画面から読める。「iDrive」をチャチャッとやってトリップボードコンピューターを出して、それをスタート時にリセットするだけ。それもプレジャー。ガソリンはハイオク。距離計誤差、ほぼゼロ。

523iのエンジンは、排気量でいうと2リッター。4気筒ガソリン直噴にターボ過給(欧州だと「520i」相当のチューン)。トランスミッションはトルコン+8段プラネタリー。車重は1770kgで前が860kg、後ろは910kg。後ろの軸重のほうが重たいぞ。

2トン超の「フォード・エクスプローラー」がEcoBoostエンジンでフツーに元気よく走ってしまうので、1.8トン未満のコイツに2リッター4気筒が載ってるぐらいは昨今、フツー。でも、こんなちっちゃいエンジンの5シリーズがこんなにイイってのはやっぱ、トクした気分になりますよ。なにしろ、本体610万円で買える。調子こいてオプションを足してくと、この個体がそうであるように700万円を超えますが。
プラス100万円弱の内訳は、テスト車のオプション装備を見てもらうとわかるけど、電動シートやiDriveは標準でついてるから、俺ならナンにもつけずに買うなあ。いやUSBはほしいかな。iPod用に。


BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】の画像
184psを発生する2リッター直4ターボエンジン。2.5リッター直6に比べ、最高出力は20psダウンしたが、最大トルクは2.0kgmアップしている。
184psを発生する2リッター直4ターボエンジン。2.5リッター直6に比べ、最高出力は20psダウンしたが、最大トルクは2.0kgmアップしている。
【テスト車のオプション装備】
ボディーカラー<カシミヤシルバー>=8万5000円/Hi-Lineパッケージ=39万円/ライトアロイラジアルスポーク23=21万円/オートマチックトランクリッドオペレーション=8万1000円/電動ガラスサンルーフ=17万円/USBオーディオインターフェース=5万1000円)
【テスト車のオプション装備】
ボディーカラー<カシミヤシルバー>=8万5000円/Hi-Lineパッケージ=39万円/ライトアロイラジアルスポーク23=21万円/オートマチックトランクリッドオペレーション=8万1000円/電動ガラスサンルーフ=17万円/USBオーディオインターフェース=5万1000円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る