フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)

ビートルズを口ずさみながら 2013.05.23 試乗記 初夏の富士を「ザ・ビートル カブリオレ」でドライブ。
スペックシートからは読み取れない、その魅力に触れた。

世界は平和に満ちていた

「ザ・ビートル カブリオレ」に乗って走りだすなり、そう思った。最前までMINIの限定モデル「ジョンクーパーワークスGP」に喜々として乗っていた。闘魂スペシャルたるGPの過激なセンチメンタリズムに酔いしれていた私は、「ゆるキャラ」的ザ・ビートル カブリオレを、男の乗るものではない、と見なしていた。

堅い屋根のMINIから、屋根を開け放ったザ・ビートル カブリオレに乗り換えると、自分のまわりに世界が広がっている実感があった。富士五湖周辺。初夏の日差しは強めだけれど、空気は澄みわたり、ちょっぴりひんやりしている。屋根を開けて走るのにうってつけの日だ。広い青空を飛ぶ鳥がいて、野辺に咲く花があり、河口湖にはバス釣りをする若者たちがいた。戦後このかた、わが日本国はどこの国とも戦火を交えることがなかった。やっぱり平和っていいなぁ、と思った。

いまやジョンクーパーワークスGPは遠き日の思い出になった。自動車の人間の精神に及ぼす影響たるや、誠に大である。かくして私はこのような境地に至った。

汝(なんじ)、争うことなかれ。

コンペティションとは無縁の世界。乗り心地は極めて快適で、1.2リッターターボエンジンは最高出力たったの105ps。7段DSGは気がつくと7速トップに入っていて、エンジンは常に1500rpm近辺をのんびり回っている。アクセルを踏めば、過不足のないトルクが立ち上がる。

ボディーカラーはレッドやブルー、ホワイトなど全5色。オプション扱いの色はなく、どの色も追加出費なしで選べるのがうれしい。
ボディーカラーはレッドやブルー、ホワイトなど全5色。オプション扱いの色はなく、どの色も追加出費なしで選べるのがうれしい。
エンジンは1.2リッターの4気筒SOHCターボのみ。燃費はクーペと同じ17.6km/リッターとなっている(JC08モード)。
エンジンは1.2リッターの4気筒SOHCターボのみ。燃費はクーペと同じ17.6km/リッターとなっている(JC08モード)。
 
フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートル カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2013.3.25 試乗記 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)
    ……375万円

    昨年フルモデルチェンジされた「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」に、早くもオープンモデルが登場。スペック表だけでは推し量れないその魅力を満喫すべく、屋根を開けて春の九十九里浜へ向かった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2011.10.19 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)
    ……399万9000円

    新型「ゴルフカブリオレ」に試乗。4人乗りオープンモデルの使い勝手とソフトトップの仕上がりは?
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(前編) 2017.1.26 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」。576psの6リッターV12エンジンを搭載するフラッグシップアストンに、谷口が果敢に立ち向かう!
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る