BMW 7シリーズに特別な内外装の限定車が登場

2013.05.21 自動車ニュース
「BMW 7シリーズ V12 Bi-Turbo」
「BMW 7シリーズ V12 Bi-Turbo」

「BMW 7シリーズ」に特別な内外装の限定モデルが登場

BMWジャパンは2013年5月21日、BMWの最上級セダン「7シリーズ」に、特別仕様車「V12 Bi-Turbo(ビターボ)」を設定し、受注を開始した。

今回の限定モデルは、「7シリーズ」のV12ツインターボ搭載車をベースに、BMW M社が手掛けた専用装備を取り入れたものである。

エクステリアでは、フロントエプロンとリアスカートからなる「Mエアロダイナミクス・パッケージ」に加え、大径の「21インチアロイホイール Vスポーク・スタイリング463」を特別に採用。「V12 Bi-Turbo」と「M」のレタリングが刻まれたトランクリッドフィニッシャーやキドニーグリル、デュアルツインエキゾーストテールパイプなどはダーククロム仕上げとなっている。
ボディーカラーは、7シリーズに通常設定のある色に、Mモデルの専用色であるシンガポール・グレーやシルバーストーンIIなどを加えた全21色が用意されている。

一方内装には、オイスターのエクスクルーシブ・ナッパレザーインテリアや、ピアノの製作工程と同様のピアノ・ラッカー技術を利用して製造されるBMW Individualピアノフィニッシュ・ブラックトリム、iDriveコントローラーやセレクターレバーなどにダークカラー仕上げのセラミック素材を使用したセラミック・フィニッシュなどを採用。インテリアのステッチはレッドオレンジ、ブラック、ブルーの3色から選択が可能で、シートのヘッドレストには「V12」の刺しゅうが、ドアシルプレートには「V12 Bi-Turbo」のロゴがあしらわれている。

また、1200W/16スピーカー/16チャンネルサラウンドのオーディオに、LEDのイルミネーションを組み合わせた、バング&オルフセン ハイエンドサラウンドサウンドシステムを標準装備している。

受注期間は2013年8月末まで、生産台数は世界で52台の限定で、価格は2260万円。納車は、同年10月からを予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • 日本で1台限りの特別な「BMW 7シリーズ」発売 2016.10.21 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月21日、BMWのフラッグシップモデル「7シリーズ」に特別仕様車「Rose Quartz(ローズクオーツ)」を設定し、西日本地域限定1台を販売すると発表した。価格は2019万円。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る