マセラティ・クアトロポルテS Q4(4WD/8AT)/クアトロポルテS(FR/8AT)

本命登場 2013.06.03 試乗記 新型「マセラティ・クアトロポルテ」に3リッターV6ツインターボエンジン搭載車が加わった。年産5万台の“メジャー”を目指すマセラティにとっては、V8搭載車ではなくむしろこちらが本命といえるかもしれない。

V8との適度なすみ分け

「伝統と官能のイタリアンブランド」というイメージが今や日本において定着した感のあるマセラティ。4ドアを意味するイタリア語をそのまま車名にした「クアトロポルテ」といえば、近年のマセラティにおいて2ドアの「グラントゥーリズモ」シリーズと並ぶ、極めて重要な大黒柱の1本となっているのは言うまでもない。

そのクアトロポルテが初代から数えて6代目、現在の体制になって2代目の新型へとモデルチェンジしたのは今年のデトロイトショーでのことで、そのV8エンジン搭載車はすでに4月に日本でも正式発表されている。ところがつい最近、ある意味で新型クアトロポルテの本命といえるかもしれないV6エンジン搭載モデルが、本国イタリアを舞台にいよいよ試乗に供された。

すでに発表済みのV8エンジンが、排気量3.8リッターのDOHC 4バルブ直噴ツインターボであるのと同様に、排気量3リッターのV6ユニットもDOHC 4バルブヘッドの直噴燃焼室を備え、ツインターボで過給される。その結果、2979ccの排気量から生み出されるパワーは410ps/5500rpm、トルクは56.1kgm(550Nm)/1750-5000rpmと、マセラティのイメージに恥じない数値をはじき出す。ちなみに3.8リッターV8ツインターボは530psと66.3kgm(650Nm)を生み出すから、V6とV8の間には、まさに適度な違いがあることになる。

このV6エンジンもV8同様、マセラティ自身のエンジン開発部門、マセラティ・パワートレインが設計し、マラネッロのフェラーリファクトリーにおいて委託生産されるというプロセスを経て、最終的にマセラティの新しいグルリアスコ工場に送り込まれる。トランスミッションはV8と同じくZF製8段ATが採用され、トランスアクスル配置ではなく、エンジン直後の通常の位置に搭載される。

V6エンジン搭載車には、FRの「クアトロポルテS」と、4WDの「クアトロポルテS Q4」がある。試乗会は北イタリアのバロッコをベースに行われた。
下位にややコンパクトな「ギブリ」を加えたことで、より優雅なサルーンに生まれ変わった。全長は5262mmでホイールベースは3171mm。
3リッターV6ツインターボエンジンは410psと56.1kgmを発生する。「ギブリ」の上位モデル「ギブリS」と同値。
インテリアはマセラティならではの瀟洒(しょうしゃ)なもの。インパネの中央にトレードマークのアナログ時計が付く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る