第184回:30周年を迎えたボーズのカーオーディオ
その進化の歴史を振り返る

2013.05.25 エッセイ

ボーズが自動車向けのオーディオシステムを供給し始めてから、今年で30周年を迎えた。上海モーターショーにおける同社の展示を見ながら、高品質なサウンドシステムを追求し続けたその歩みを振り返る。

始まりは1983年型「キャデラック・セビル」だった

上海モーターショーでは、なかなか足を止めて展示を見ることができなかった。あまりにも多くの来場者に押し合いへし合いして、ゆっくり見ることができなかったというのが物理的な理由。9日間で85万人もの観客の来場が予測されていた通り、なぜかプレスデイから人があふれていた。

それに加えて、あまりにも広い会場にあまりにも多くのメーカーがひしめき合ってクルマを展示してあるから、せかされるように次へ次へと進まなければならなかったというのが精神的理由だ。

そんな中でも、思わず足を止めてしまったのがボーズのブースだった。なんと、アメリカでももうその姿を見ることはまれになってしまった「キャデラック・セビル」が最新の「キャデラックXTS」と並べられていたのだ。セビルは1985年型だ。

1950年代のロールス・ロイスやデイムラーなどのレザーエッジスタイルをテール部分に大胆に採り入れたセビルのスタイリングは当時のGMのデザインディレクター、ビル・ミッチェルの古き良き英国スタイルへの憧憬(しょうけい)そのものだ。

このセビルのデビューから十数年を過ぎた1990年代中盤になってアメリカ車にはレトロフューチャーデザインが流行することになるのだが、セビルは早過ぎたのだ。

早過ぎたのはスタイリングだけでなく、メカニズムも当時の常識を超えたものだった。5.7リッターのV8ディーゼルエンジンを縦置きし、前輪を駆動していた。インテリアも時代を先取りしていて、デジタル表示を最大限に活用していた。さらに画期的だったのは、初めてボーズと共同開発したセビル専用のカーオーディオヘッドユニットとアンプ、スピーカーが組み込まれていたことだ。

ブースには、1983年に初めて車載用のボーズ純正サウンドシステムを搭載した「キャデラック・セビル」が展示された(展示車両は同型の1985年型)。
大盛況の上海ショー。プレスデイからおおにぎわい。
上海ショーにおけるボーズのブース。
当時の「セビル」のほかに、最新の「キャデラックXTS」(写真奥)も展示された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ