MINIに2種類のデザインパッケージが登場

2013.05.23 自動車ニュース
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。
    拡大

MINIにロンドンの公園の名を冠した2つのデザインパッケージが登場

BMWジャパンは2013年5月23日、「MINI」と「MINIクラブマン」の2モデルに、「Green Park(グリーン・パーク)」「Hyde Park(ハイド・パーク)」の2種類のデザインパッケージを設定。販売を開始した。

「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。 拡大
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。 拡大

グリーン・パークとハイド・パークはともにイギリスの首都、ロンドンにある公園の名前で、具体的な内容は以下の通りとなっている。

グリーン・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)

ハイド・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(クール・シャンパン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(クール・シャンパン)

価格はともに「クーパー」用が15万円、「クーパーS」用が12万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドアMINIクラブマンMINIカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • “英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場 2018.6.28 自動車ニュース 「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「VICTORIA(ヴィクトリア)」が登場。ベースとなったのはエントリーグレードの「ONE(ワン)」で、ボディーの各所にタータンチェックやユニオンジャックのデザインが用いられている。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る