MINIに2種類のデザインパッケージが登場

2013.05.23 自動車ニュース
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。

MINIにロンドンの公園の名を冠した2つのデザインパッケージが登場

BMWジャパンは2013年5月23日、「MINI」と「MINIクラブマン」の2モデルに、「Green Park(グリーン・パーク)」「Hyde Park(ハイド・パーク)」の2種類のデザインパッケージを設定。販売を開始した。

「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。

グリーン・パークとハイド・パークはともにイギリスの首都、ロンドンにある公園の名前で、具体的な内容は以下の通りとなっている。

グリーン・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)

ハイド・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(クール・シャンパン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(クール・シャンパン)

価格はともに「クーパー」用が15万円、「クーパーS」用が12万5000円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINI ONE(FF/6AT)【試乗記】 2014.8.28 試乗記 3代目となった新型「MINI」に、エントリーグレードの「ONE」が登場。試乗を通して実感した、「愛されキャラ」であり続けるための秘訣(ひけつ)とは?
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る