スバルXVハイブリッド プロトタイプ(4WD/CVT)

ハイブリッドでもやっぱり“スバル” 2013.05.28 試乗記 スバル初のハイブリッドモデルがいよいよデビュー秒読み段階に。プロトタイプの試乗を通して、スバルが思い描くハイブリッド戦略を確かめた。

初物に見る2つの「なぜ?」

スバル初となるハイブリッド車「スバルXVハイブリッド」のプロトタイプの試乗会が開催された。試乗会会場である富士スピードウェイへ向かう道すがら、前日に予習した事前説明会の資料を思い出す。すると、頭の中には2つの「?」が浮かんだ。

(1)なぜ、初めてのハイブリッド車が「XV」なのか? 日本シリーズの第1戦にエース投手を先発させるように、最新テクノロジーはまず「レガシィ」に積むのがスバルの流儀ではなかったか。
(2)なぜ、わざわざ手間暇かけて自社開発したのか。ここでトヨタの力を借りるのが、提携する“うまみ”ではないか。例えば「トヨタ86」がスバルの水平対向エンジンを積んだように。

会場に到着して、XVハイブリッドの外観をチェック。ノーマル仕様との外観の違いは3つ。前後のコンビネーションランプにブルーが入り、左右のドアミラーの下とテールゲートに「HYBRID」のエンブレムが光る。ホイールのデザインは、少しおとなしいものになった。特に驚くべき点はない。
けれども、「外周路」で試乗をスタートして驚いた。「外周路」とは富士スピードウェイの敷地内を移動するための道で、あまり路面の状態がよくない部分もある。そこでの乗り心地が、ノーマル仕様より落ち着きがあって上品なのだ。

スバルXVハイブリッドは、ハイブリッドの制御システムやバッテリー、モーターなどの付属品が増えることで、ノーマル仕様より約120kg重くなっている。重量増に対応するために、スプリングやショックアブソーバーを見直したのはもちろん、リアにサブフレームを追加したりスタビライザーの径を太くしたりしている。

乗り心地だけでなく、静かになったことも大人っぽくなったと感じる理由だ。エンジンに専用のカバーを用意したり助手席グローブボックス下に遮音材を貼ったりするなど、きめ細やかなノイズ対策が施されているのだ。
ここで、「(1)なぜ、初めてのハイブリッド車がXVなのか?」の答えが見えてきた。

エクステリアでは、ブルーのアクセントを取り入れた前後ランプや、ドアハンドルのメッキ加飾などがハイブリッドの目印。ボディーカラーは全9色で、写真の「プラズマグリーン・パール」は、ハイブリッドのみの専用色となる。
インテリアで目を引くのが、ブルーを用いた専用デザインのメーター。メタル調のダイヤルやドアのコンソールパネルなどもハイブリッドの専用品だ。
ツートンカラーの内装色も、ハイブリッドの特徴。
バッテリーはニッケル水素式で、荷室の床下に搭載される。右に見えるプラスチックパーツは、車内の空気をバッテリーへ送る、冷却用のダクト。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る