スバルXVハイブリッド プロトタイプ(4WD/CVT)

ハイブリッドでもやっぱり“スバル” 2013.05.28 試乗記 スバル初のハイブリッドモデルがいよいよデビュー秒読み段階に。プロトタイプの試乗を通して、スバルが思い描くハイブリッド戦略を確かめた。

初物に見る2つの「なぜ?」

スバル初となるハイブリッド車「スバルXVハイブリッド」のプロトタイプの試乗会が開催された。試乗会会場である富士スピードウェイへ向かう道すがら、前日に予習した事前説明会の資料を思い出す。すると、頭の中には2つの「?」が浮かんだ。

(1)なぜ、初めてのハイブリッド車が「XV」なのか? 日本シリーズの第1戦にエース投手を先発させるように、最新テクノロジーはまず「レガシィ」に積むのがスバルの流儀ではなかったか。
(2)なぜ、わざわざ手間暇かけて自社開発したのか。ここでトヨタの力を借りるのが、提携する“うまみ”ではないか。例えば「トヨタ86」がスバルの水平対向エンジンを積んだように。

会場に到着して、XVハイブリッドの外観をチェック。ノーマル仕様との外観の違いは3つ。前後のコンビネーションランプにブルーが入り、左右のドアミラーの下とテールゲートに「HYBRID」のエンブレムが光る。ホイールのデザインは、少しおとなしいものになった。特に驚くべき点はない。
けれども、「外周路」で試乗をスタートして驚いた。「外周路」とは富士スピードウェイの敷地内を移動するための道で、あまり路面の状態がよくない部分もある。そこでの乗り心地が、ノーマル仕様より落ち着きがあって上品なのだ。

スバルXVハイブリッドは、ハイブリッドの制御システムやバッテリー、モーターなどの付属品が増えることで、ノーマル仕様より約120kg重くなっている。重量増に対応するために、スプリングやショックアブソーバーを見直したのはもちろん、リアにサブフレームを追加したりスタビライザーの径を太くしたりしている。

乗り心地だけでなく、静かになったことも大人っぽくなったと感じる理由だ。エンジンに専用のカバーを用意したり助手席グローブボックス下に遮音材を貼ったりするなど、きめ細やかなノイズ対策が施されているのだ。
ここで、「(1)なぜ、初めてのハイブリッド車がXVなのか?」の答えが見えてきた。

エクステリアでは、ブルーのアクセントを取り入れた前後ランプや、ドアハンドルのメッキ加飾などがハイブリッドの目印。ボディーカラーは全9色で、写真の「プラズマグリーン・パール」は、ハイブリッドのみの専用色となる。
エクステリアでは、ブルーのアクセントを取り入れた前後ランプや、ドアハンドルのメッキ加飾などがハイブリッドの目印。ボディーカラーは全9色で、写真の「プラズマグリーン・パール」は、ハイブリッドのみの専用色となる。
インテリアで目を引くのが、ブルーを用いた専用デザインのメーター。メタル調のダイヤルやドアのコンソールパネルなどもハイブリッドの専用品だ。
インテリアで目を引くのが、ブルーを用いた専用デザインのメーター。メタル調のダイヤルやドアのコンソールパネルなどもハイブリッドの専用品だ。
ツートンカラーの内装色も、ハイブリッドの特徴。
ツートンカラーの内装色も、ハイブリッドの特徴。
バッテリーはニッケル水素式で、荷室の床下に搭載される。右に見えるプラスチックパーツは、車内の空気をバッテリーへ送る、冷却用のダクト。
バッテリーはニッケル水素式で、荷室の床下に搭載される。右に見えるプラスチックパーツは、車内の空気をバッテリーへ送る、冷却用のダクト。
関連記事
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2013.8.29 試乗記 スバル独自のハイブリッドシステムを搭載した「XVハイブリッド」。「燃費がイイ」だけでは決して満足しないファンの期待に、スバル初のHVはどう応えたのか?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る