クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)

走れるモンスター 2013.06.04 試乗記 新型となった「メルセデス・ベンツGLクラス」。メルセデスが「ファーストクラスSUV」と呼ぶフルサイズSUVの魅力を確かめた。

まろやかな怪物

7年ぶりにモデルチェンジした「GLクラス」は、メルセデス・ベンツの最大SUVである。7人乗りの5ドアボディーは全長かるく5.1m超、全幅ほぼ2m、車重は2.5トンを超す。メルセデスの四駆といえば、日本では「Gクラス」の人気が高いが、G550の2m近い全高を除けば、「GL550」の巨漢ぶりは圧倒的だ。

これまでの5.5リッターV8に代わる新エンジンは、直噴の4.7リッターV8ツインターボ。つまりVIPセダンの「S550」と同じパワーユニットを持つ「陸の王者」である。少し前の朝日新聞で見た全面広告では大きく“The Monster”とうたっていた。日本語のコピーでも「いま、怪物があなたの存在を超えてゆく」なんて書いてある。メルセデスがモンスターを自称するなんて、メルセデスもクダけてきたというか、開けてきたというか。それも新型GLクラスにかける意気込みの表れだろうか。

だが、高速道路のSAでバトンタッチして走り出すと、新しいGL550にモンスターなんて雰囲気はみじんもなかった。100km/h時のエンジン回転数は7段ATのトップギアでわずか1600rpm。静かなことは言わずもがなだ。試乗車には21インチホイールのAMGエクスクルーシブパッケージがセットされていたが、エアサスペンションのもたらす乗り心地はまろやかの一語。295/40というファットなピレリPゼロを履いているにもかかわらず、まるで毛足の長いカーペットの上を走っているかのようである。

ハイウェイクルーズの安楽さといったらない。車重2.5トンオーバーの四駆が発揮する突進力は、ただでさえスゴイはずなのに、新型GLクラスの“4MATIC”にはさらに「クロスウインドアシスト」という制御が組み込まれている。80km/h以上で走行中、ESPで横風を検知し、各輪へのトルク配分をコントロールして直進安定性を高めるというものだ。

搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。
搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。 拡大
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。 拡大
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。 拡大
メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像 拡大

“坂知らず”の動力性能

直噴4.7リッターV8ツインターボは435ps。わずか1800rpmから生みだされる最大トルクは70kgmを超す。同じエンジンのSクラスセダンより500kg以上重いとはいえ、箱根の頂上を目指すワインディングロードでも、動力性能は“坂知らず”である。

エアサスをSPORTモードに切り替えると、足まわりは明確にスポーティーに変わり、ハンドリングも侮れない。さすがにアイポイントは高いが、身のこなしに気になるほどの腰高感はない。車検証によると、軸重は前1370kg/後1220kg。つまりボンネットにAクラスが1台乗っているようなものだが、意外やノーズヘビーな感じはない。ステアリングがすっきり軽いのもうれしい。こう見えて、フットワークにドテッとしたアンコ型の気配はない。「走れるモンスター」である。

ただし、速いペースでヒルクライムを続けると、麓で7.5km/リッターだった車載燃費計の表示は、6.5km/リッターまでドロップした。試乗した約280kmのトータルでは満タン法で5.8km/リッターを記録する。ウルトラハイギアリングのトップギアで高速燃費を稼ぎ、信号待ちでせっせとアイドリングストップに励んでも、リッター6km。もとより燃費を気にする人のクルマではないが、燃費を気にしない人のクルマもこれくらいは走る時代になった、ともいえる。ちなみに燃料タンク容量は100リッター。メルセデスの乗用車でいちばん大きい。

メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像 拡大
2列目の様子。スライド機能はなく、3列目のアクセスは「電動イージーエントリー機能」で2列目シートを格納して行う。
2列目の様子。スライド機能はなく、3列目のアクセスは「電動イージーエントリー機能」で2列目シートを格納して行う。 拡大
3列目は電動格納式。折りたたみも、引き起こしもスイッチ操作で行うことができる。
3列目は電動格納式。折りたたみも、引き起こしもスイッチ操作で行うことができる。 拡大
メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像 拡大

“マイリマシタ感”を与えてくれるクルマ

タテ5145mm、ヨコ1980mmの“敷地”にしつらえられた高床式キャビンは、言うまでもなく広い。2、3列目シートを畳むと、荷室はカーペットの上だけで186cmの奥行きがとれる。

3列7人乗りのシートレイアウトは、一般的な2+3+2。ただ、2列目と3列目に前後スライド機構はなく、大の大人がゆったり座れるのは2列目までだ。そのセカンドシートはリムジン並みの広さだが、ひとつ気になったのは座面が低いこと。前方の見晴らしがきかず、箱根でリアシートインプレッションを始めたら、じきに酔った。前席よりむしろ後席の標高を高くした「レンジローバー」の“コマンドポジション”を少し見習ってもらいたい。

1360万円のハイエンドSUVだから、至れり尽くせりは当然だが、なかなかの見ものは2、3列目シートの電動フォールディング機構である。ボタンひとつで最後にゴロンと前転するセカンドシートの変身ぶりなどは、動きも音もスペクタクルだ。「工場か!?」とツッコミたくなる。ただし、イスを起こして元に戻すのは手動。その際には相当な腕力を要する。

エンジン音も乗り心地も、ステアリングやペダルの操作フィールも、いちいち真綿でくるんだようにやさしい。高い運転席によじのぼり、いざ走り始めると「エッ、これがオフロード四駆なの!?」と驚かす厚い“おもてなし”は「ランドクルーザー200」に似ていると思ったが、エンジンのパワフルさとシャシーの速さは別格だ。現行メルセデスのなかでもひときわ強い“マイリマシタ感”を与えてくれるクルマである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=峰昌宏)

メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像 拡大
荷室の容量は最大で2300リッター。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は最大で2300リッター。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます) 拡大
(写真をクリックすると、座席のアレンジが見られます)
(写真をクリックすると、座席のアレンジが見られます) 拡大
メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像 拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツGL550 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5145×1980×1850mm
ホイールベース:3075mm
車重:2590kg
駆動方式:4WD
エンジン:4.7リッターV8 DOHC 32バルブターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:435ps(320kW)/5250rpm
最大トルク:71.4kgm(700Nm)/1800-3500rpm
タイヤ:(前)295/40R21(後)295/40R21(ピレリPゼロ)
燃費:7.9km/リッター(JC08モード)
価格:1290万円/テスト車=1440万円
オプション装備:AMGエクスクルーシブパッケージ<Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク+AMGスタイリングパッケージ+21インチAMG 5ツインスポークアルミホイール+ステンレス製ランニングボード+パノラミックスライディングルーフ+本革巻きウッドステアリング+シートベンチレーター>(70万円)/ON&OFF ROADパッケージ (22万円)/ナイトビューアシストプラス(25万円)/オーディオ&ビジュアルパッケージ<harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム+リアエンターテインメントシステム>(33万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:2562km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:278.8km
使用燃料:47.9リッター
参考燃費:5.8km/リッター(満タン法)/6.3km/リッター(車載燃費計計測値)

あなたにおすすめの記事