メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)

走れるモンスター 2013.06.04 試乗記 新型となった「メルセデス・ベンツGLクラス」。メルセデスが「ファーストクラスSUV」と呼ぶフルサイズSUVの魅力を確かめた。

まろやかな怪物

7年ぶりにモデルチェンジした「GLクラス」は、メルセデス・ベンツの最大SUVである。7人乗りの5ドアボディーは全長かるく5.1m超、全幅ほぼ2m、車重は2.5トンを超す。メルセデスの四駆といえば、日本では「Gクラス」の人気が高いが、G550の2m近い全高を除けば、「GL550」の巨漢ぶりは圧倒的だ。

これまでの5.5リッターV8に代わる新エンジンは、直噴の4.7リッターV8ツインターボ。つまりVIPセダンの「S550」と同じパワーユニットを持つ「陸の王者」である。少し前の朝日新聞で見た全面広告では大きく“The Monster”とうたっていた。日本語のコピーでも「いま、怪物があなたの存在を超えてゆく」なんて書いてある。メルセデスがモンスターを自称するなんて、メルセデスもクダけてきたというか、開けてきたというか。それも新型GLクラスにかける意気込みの表れだろうか。

だが、高速道路のSAでバトンタッチして走り出すと、新しいGL550にモンスターなんて雰囲気はみじんもなかった。100km/h時のエンジン回転数は7段ATのトップギアでわずか1600rpm。静かなことは言わずもがなだ。試乗車には21インチホイールのAMGエクスクルーシブパッケージがセットされていたが、エアサスペンションのもたらす乗り心地はまろやかの一語。295/40というファットなピレリPゼロを履いているにもかかわらず、まるで毛足の長いカーペットの上を走っているかのようである。

ハイウェイクルーズの安楽さといったらない。車重2.5トンオーバーの四駆が発揮する突進力は、ただでさえスゴイはずなのに、新型GLクラスの“4MATIC”にはさらに「クロスウインドアシスト」という制御が組み込まれている。80km/h以上で走行中、ESPで横風を検知し、各輪へのトルク配分をコントロールして直進安定性を高めるというものだ。

搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。
搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。
メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る