メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)

走れるモンスター 2013.06.04 試乗記 新型となった「メルセデス・ベンツGLクラス」。メルセデスが「ファーストクラスSUV」と呼ぶフルサイズSUVの魅力を確かめた。

まろやかな怪物

7年ぶりにモデルチェンジした「GLクラス」は、メルセデス・ベンツの最大SUVである。7人乗りの5ドアボディーは全長かるく5.1m超、全幅ほぼ2m、車重は2.5トンを超す。メルセデスの四駆といえば、日本では「Gクラス」の人気が高いが、G550の2m近い全高を除けば、「GL550」の巨漢ぶりは圧倒的だ。

これまでの5.5リッターV8に代わる新エンジンは、直噴の4.7リッターV8ツインターボ。つまりVIPセダンの「S550」と同じパワーユニットを持つ「陸の王者」である。少し前の朝日新聞で見た全面広告では大きく“The Monster”とうたっていた。日本語のコピーでも「いま、怪物があなたの存在を超えてゆく」なんて書いてある。メルセデスがモンスターを自称するなんて、メルセデスもクダけてきたというか、開けてきたというか。それも新型GLクラスにかける意気込みの表れだろうか。

だが、高速道路のSAでバトンタッチして走り出すと、新しいGL550にモンスターなんて雰囲気はみじんもなかった。100km/h時のエンジン回転数は7段ATのトップギアでわずか1600rpm。静かなことは言わずもがなだ。試乗車には21インチホイールのAMGエクスクルーシブパッケージがセットされていたが、エアサスペンションのもたらす乗り心地はまろやかの一語。295/40というファットなピレリPゼロを履いているにもかかわらず、まるで毛足の長いカーペットの上を走っているかのようである。

ハイウェイクルーズの安楽さといったらない。車重2.5トンオーバーの四駆が発揮する突進力は、ただでさえスゴイはずなのに、新型GLクラスの“4MATIC”にはさらに「クロスウインドアシスト」という制御が組み込まれている。80km/h以上で走行中、ESPで横風を検知し、各輪へのトルク配分をコントロールして直進安定性を高めるというものだ。

搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。
搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。
メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る