メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)

走れるモンスター 2013.06.04 試乗記 新型となった「メルセデス・ベンツGLクラス」。メルセデスが「ファーストクラスSUV」と呼ぶフルサイズSUVの魅力を確かめた。

まろやかな怪物

7年ぶりにモデルチェンジした「GLクラス」は、メルセデス・ベンツの最大SUVである。7人乗りの5ドアボディーは全長かるく5.1m超、全幅ほぼ2m、車重は2.5トンを超す。メルセデスの四駆といえば、日本では「Gクラス」の人気が高いが、G550の2m近い全高を除けば、「GL550」の巨漢ぶりは圧倒的だ。

これまでの5.5リッターV8に代わる新エンジンは、直噴の4.7リッターV8ツインターボ。つまりVIPセダンの「S550」と同じパワーユニットを持つ「陸の王者」である。少し前の朝日新聞で見た全面広告では大きく“The Monster”とうたっていた。日本語のコピーでも「いま、怪物があなたの存在を超えてゆく」なんて書いてある。メルセデスがモンスターを自称するなんて、メルセデスもクダけてきたというか、開けてきたというか。それも新型GLクラスにかける意気込みの表れだろうか。

だが、高速道路のSAでバトンタッチして走り出すと、新しいGL550にモンスターなんて雰囲気はみじんもなかった。100km/h時のエンジン回転数は7段ATのトップギアでわずか1600rpm。静かなことは言わずもがなだ。試乗車には21インチホイールのAMGエクスクルーシブパッケージがセットされていたが、エアサスペンションのもたらす乗り心地はまろやかの一語。295/40というファットなピレリPゼロを履いているにもかかわらず、まるで毛足の長いカーペットの上を走っているかのようである。

ハイウェイクルーズの安楽さといったらない。車重2.5トンオーバーの四駆が発揮する突進力は、ただでさえスゴイはずなのに、新型GLクラスの“4MATIC”にはさらに「クロスウインドアシスト」という制御が組み込まれている。80km/h以上で走行中、ESPで横風を検知し、各輪へのトルク配分をコントロールして直進安定性を高めるというものだ。

搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。
搭載されるエンジンは4.7リッター直噴V8ツインターボ。435psと71.4kgmを発生する。
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。
写真の「リアエンターテインメントシステム」はオプションの「オーディオ&ビジュアルパッケージ」(33万円)に含まれる。
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。
ナッパレザーの本革巻きウッドステアリングはAMGエクスクルーシブパッケージ(70万円)に含まれるオプション。
メルセデス・ベンツGL550 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
ホームへ戻る