シトロエンが「C4」の装備と仕様を見直し

2013.05.28 自動車ニュース
「シトロエンC4 エクスクルーシブ」
「シトロエンC4 エクスクルーシブ」

シトロエンが「C4」の装備と仕様を見直し

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年5月28日、「シトロエンC4」の仕様を変更し、販売を開始した。

「C4 エクスクルーシブ」
「C4 エクスクルーシブ」

今回の変更では、ラインナップを従来の上級グレード「エクスクルーシブ」に一本化。同時に、ブラインドスポットモニターシステム、HIDヘッドライト、パノラミックガラスルーフなどの廃止により、車体価格を従来型より33万円低く抑えた。

また、従来型では17インチだったホイールサイズを16インチに小径化。エコタイヤの採用や重いパノラミックガラスルーフの廃止などにより、燃費性能を13.1km/リッターから13.5km/リッターに改善している。

なお、エンジンやトランスミッションなどに変更はなし。ハンドル位置は右で、価格は266万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る