「スマート・フォーツー」に新エントリーモデルが登場

2013.05.28 自動車ニュース
「スマート・フォーツークーペmhdプラス」
「スマート・フォーツークーペmhdプラス」

「スマート・フォーツー」が一部改良、オプション装備を強化

メルセデス・ベンツ日本は2013年5月28日、「スマート・フォーツー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「クーペmhdプラス」
「クーペmhdプラス」
新オプションの「クリスタルグレーパッケージ」。
新オプションの「クリスタルグレーパッケージ」。
オプション装備の「本革シート」。
オプション装備の「本革シート」。

今回、「フォーツークーペ」のグレード構成を変更。ベースグレードの「クーペmhd」が廃止され、代わって「クーペmhdプラス」が、これまでより9万円安い159万円という価格で販売されることとなった。

一方装備については、限定車に設定のあった「クリスタルグレーパッケージ(シートヒーター付き)」を「クーペmhdパッション」「クーペターボ」「カブリオターボ」にオプションで設定。内容はクリスタルグレーのレザー調シートと、レザー調素材とファブリックのコンビネーションドアトリム、クリスタルグレーのステッチ入りブラックレザー調ダッシュボードからなり、価格は12万円となっている。

また、同じくオプション装備の「本革シート(シートヒーター付き)」についても、「クーペmhdパッション」「クーペターボ」「カブリオターボ」の3グレードに適用を拡大。同時に、価格をこれまでより2万5000円安い8万円に値下げした。

なお、エンジンやパワートレインに変更はなし。ハンドル位置は右のみとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・クーペmhdプラス:159万円
・クーペmhdパッション:184万円
・クーペターボ:195万円
・カブリオターボ:219万円
・エレクトリックドライブ:295万円

(webCG)
 

関連キーワード:
フォーツーフォーツー エレクトリックドライブフォーツーカブリオスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記