第52回:スタローンとヒルが初タッグ。男臭さが爆発する!
『バレット』

2013.05.29 エッセイ

『ザ・ドライバー』でニアミス

『ラストスタンド』に続き、“エクスペンダブルズ組”の登場だ。シルベスター・スタローンは、シュワちゃんよりも1歳上で、もうすぐ67歳になる。ブッシュ大統領(息子のほう)と生年月日がまったく同じだ。それでも、新作の『バレット』でバリバリのアクションを披露している。ふたりとも全盛期は80年代だったのに、今なお現役なのは驚くべきことだ。

シュワルツネッガーが復帰作にハリウッド初進出の韓国人監督キム・ジウンを起用したのと対照的に、スタローンが指名したのは老巨匠だった。ウォルター・ヒルである。数々のアクション大作を撮り続けてきた生ける伝説だ。71歳の彼も、ここ10年ほど監督業からは遠ざかってきた。同じような境遇だったからこそ、どうしても組みたかったのだろう。

意外なことに、これまでふたりが一緒に仕事をしたことはない。機会はあったのだが、タイミングが合わなかった。若い頃にオファーを受けて出演が決まっていたものの、1976年に『ロッキー』が大ヒットして忙しくなり流れてしまった。それが1978年の『ザ・ドライバー』である。カーアクション映画の名作で、昨年映画ファンから熱狂的に迎えられた『ドライヴ』はこの作品からインスピレーションを得ている。もしかすると、ライアン・オニールの代わりにスタローンがすご腕ドライバーを演じていたのかもしれなかったのだ。

(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。