開幕戦オーストラリアGP決勝結果【F1 2012 速報】

2012.03.18 自動車ニュース

【F1 2012 速報】開幕戦オーストラリアGP、マクラーレンのバトンが優勝

F1世界選手権第1戦オーストラリアGP決勝が、2012年3月18日、オーストラリアはメルボルンのアルバートパーク・サーキット(1周5.303km)を58周して行われた。

初めて6人ものチャンピオン経験者がそろった待望の新シーズンは、2年連続ダブルタイトルを獲得したレッドブル・ルノーを、マクラーレン・メルセデスが凌駕(りょうが)してスタート。予選2番手のジェンソン・バトンが序盤からレースをリードし、開幕戦を制した。

ルイス・ハミルトンとともにマクラーレン1-2フィニッシュか、と思われたが、セーフティーカーを潮目に、6番グリッドからスタートした現ワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテルが2位の座を奪取することに成功。レッドブルは完敗を逃れ、マクラーレンは完勝を逃した。

ハミルトンはポールポジションから3位でゴール。スタートから2位を走行するも、僚友バトンには終始レースをコントロールされ、ベッテルにはセーフティーカーのタイミングで先を越されてしまった。

レッドブルのマーク・ウェバーは予選5位からスタートで9位まで順位をドロップ、最終的には4位でチェッカードフラッグを受けた。冬のテストから苦戦が伝えられたフェラーリは、フェルナンド・アロンソがトップから21秒遅れの5位、フェリッペ・マッサは他車と接触しリタイアと、開幕戦からつまずいた。

ザウバー・フェラーリの2人は、小林可夢偉が予選13位から粘り強い走りで6位、チームメイトのセルジオ・ペレスはほかのライバルより1回少ない1ストップで8位に入り、それぞれポイントを獲得した。
2年のブランクを経てF1にカムバックした2007年チャンピオンのキミ・ライコネンは、ルノーあらため「ロータス・ルノー」となったチームで7位。トロロッソ・フェラーリをドライブするダニエル・リチャルドは地元オーストラリアで善戦し9位入賞を果たした。10位でフィニッシュしたのは、フォースインディア・メルセデスのポール・ディ・レスタだった。

以下、11位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ)、12位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、13位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・ルノー)、14位ティモ・グロック(ヴァージンあらためマルシャ・コスワース)、15位シャルル・ピック(マルシャ)、16位ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)が初戦で完走を果たした。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。