最高の低燃費タイヤ「BluEarth-1 EF20」登場

2013.05.29 自動車ニュース
「ヨコハマBluEarth-1 EF20」
「ヨコハマBluEarth-1 EF20」

最高グレードの低燃費タイヤ「ヨコハマBluEarth-1 EF20」登場

横浜ゴムは2013年5月29日、低燃費タイヤ「BluEarth-1 EF20(ブルーアース・ワン・イーエフ・ニーマル)」を発表した。同年7月に販売を開始する。

非対称なトレッド面のアップ。イン側(写真左側)の溝面積を広げ、これまでよりもウエット性能を向上させたという。
非対称なトレッド面のアップ。イン側(写真左側)の溝面積を広げ、これまでよりもウエット性能を向上させたという。

最高の低燃費タイヤ「BluEarth-1 EF20」登場の画像

「BluEarth-1 EF20」は、ヨコハマの乗用車用低燃費タイヤ「BluEarth(ブルーアース)」シリーズの、新たなフラッグシップとなるモデル。

従来の「BluEarth-1 AAA spec」よりも緻密なコンパウンドの配合を行うことにより、シリカを限界まで増量したほか、接地面積を拡大した非対称トレッドパターンを採用。低燃費性能を損なうことなく、ウエットグリップ性能を大幅に高めたという。

新素材インナーライナーの採用による空気漏れの抑制や、静粛性の向上もセリングポイントで、走行時の空力性能を高めるための、ゴルフボールのようなディンプル付きのサイドデザインやフラットなロゴデザインは、外観上の特徴にもなっている。

「BluEarth-1 EF20」の国内タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能は「AAA」で、ウエットグリップ性能は「a」。ともに最高グレードを獲得している。発売サイズは「トヨタ・プリウス」などに適合する195/65R15の1サイズのみ。価格はオープンプライス。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。