【スペック】全長×全幅×全高=3740×1685×1385mm/ホイールベース=2465mm/車重=1200kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(122ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=347万円(テスト車=400万3000円)

MINIクーパー ロードスター(FF/6AT)【試乗記】

確信犯的スパルタン仕様 2012.03.18 試乗記 MINIクーパー ロードスター(FF/6AT)
……400万3000円

MINI初のオープン2シーター「MINIロードスター」が日本に上陸した。今回は3グレードあるうち最もリーズナブルなモデル「クーパー」を試した。


バックヤードビルダーの匂い

試乗会会場にずらり並んだ「MINIロードスター」「MINIクーペ」はどことなくバランスが悪くて、最新の工業製品というより手作りした大人のおもちゃといった印象を受ける。未完成な感じがかわいく見えるのは人徳というか、キャラ勝ちということだろう。

パッと頭に浮かぶのが、1960年代から70年代にかけて、バックヤードビルダーと呼ばれた小規模メーカーが当時のミニをベースに作ったFFのスポーツカーだ。具体的には「マーコス・ミニGT」や「マイダス・ゴールド」など、組み立てから楽しむキットカーとして売られていたモデルを連想する。

あの手の手作りスポーツカーも、ちょっとブサイクなところが愛らしかった。何が言いたいかというと、増殖を続けるミニはついにバックヤードビルダーやキットカーの領域にまで進出したということだ。この商売上手!

ただし雰囲気はバックヤードビルダーでも、乗り込めばメーカー製の最新モデル。シートはしっかりと体をホールドし、眼前にはきっちり造り込まれたメーター類、スイッチ類が並ぶ。 MINIクーペと同じく、MINIロードスターもNAの「クーパー」(122ps)、ターボ過給の「クーパーS」(184ps)、さらなるハイチューン版「ジョンクーパーワークス(JCW)」(211ps)の3つのグレードが用意される。試乗したのは一番温和なクーパー。クーパーとクーパーSは6MTと6ATが選べるが(JCWはMTのみ)、今回紹介するのは6AT仕様だ。

屋根を開けるスイッチを探してもぞもぞしていると、広報スタッフが「開閉は手動です」と教えてくれた。すっかり電動ほろに慣れてしまった自分が恥ずかしい。手動といっても、レバーをクルッと回してロックを解除してほろを畳むだけだから造作はない。
ほろを下ろしてから駐車場をスタート、10メートルで「おおっ!」と身構える。

2009年のフランクフルトモーターショーで「MINIロードスターコンセプト」として発表され、2012年のデトロイトショーで市販モデルがデビューした。「MINIクーペ」と同様、「MINIロードスター」もノーマル仕様に比べてフロントウィンドウが13度寝ており、「MINIコンバーチブル」に比べると全高が30mm低くなっている。
2009年のフランクフルトモーターショーで「MINIロードスターコンセプト」として発表され、2012年のデトロイトショーで市販モデルがデビューした。「MINIクーペ」と同様、「MINIロードスター」もノーマル仕様に比べてフロントウィンドウが13度寝ており、「MINIコンバーチブル」に比べると全高が30mm低くなっている。
試乗車は、「ブラックスターRF」というタイプのアルミホイールをオプション装着していた。
試乗車は、「ブラックスターRF」というタイプのアルミホイールをオプション装着していた。
【試乗車のオプション装備】 ボディーカラー(ホワイトシルバーメタリック)=5万5000円/MINIチリパッケージ=6万3000円/アロイホイールブラックスターRF=12万円/ランフラットタイヤ=1万8000円/スポーツストライプシルバー=2万5000円/アラームシステム=7万円/コンフォートアクセス=8万6000円/ウインドディフレクター=5万円/インテリアサーフェス・ストライプド・アロイ=4万6000円
【試乗車のオプション装備】
ボディーカラー(ホワイトシルバーメタリック)=5万5000円/MINIチリパッケージ=6万3000円/アロイホイールブラックスターRF=12万円/ランフラットタイヤ=1万8000円/スポーツストライプシルバー=2万5000円/アラームシステム=7万円/コンフォートアクセス=8万6000円/ウインドディフレクター=5万円/インテリアサーフェス・ストライプド・アロイ=4万6000円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【海外試乗記】 2016.3.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
ホームへ戻る