「トヨタ・アクア」に豪華装備の新グレード

2013.05.31 自動車ニュース
「トヨタ・アクア」
「トヨタ・アクア」

「トヨタ・アクア」に豪華装備の新グレード

トヨタ自動車は2013年5月31日、ハイブリッドカーの「アクア」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、上級グレードの「G」に「ブラックソフトレザーセレクション」を新設定。この仕様は、シートにブラックの合成皮革表皮を採用したもので、スマートエントリー&スタートシステムや盗難防止システム、コンライトなどからなる「スマートエントリーパッケージ」を標準設定とするなど、装備も充実している。

また、「L」を除く全グレードにスーパーUVカットガラス(フロントドア)と助手席バニティーミラー付サンバイザーを標準装備。助手席オープントレーやドアスイッチベースのアクセントカラーも変更されている。(「S」の内装色フレッシュグリーンを除く)

ラインナップと価格は以下の通り。
・L:169万円
・S:180万円
・G:186万円
・G“ブラックソフトレザーセレクション”:194万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アクアG“G’s”(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.20 試乗記 ベストセラーのハイブリッドコンパクトカーをベースに、トヨタ自らスポーティーな味付けを施した「アクア“G’s”」。その走りの実力を試した。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る 2015.9.18 特集 先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。
ホームへ戻る