第187回:カーデザインの巨匠に聞く(後編) ――ゴルフで語るデザイン論

2013.06.04 エッセイ
都内で開かれた発表会における、新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。
都内で開かれた発表会における、新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。

フォルクスワーゲンのデザインを統括するワルター・デ・シルヴァ氏と、世界的なデザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏が、新型「ゴルフ」の日本デビューに際して来日した。
カーデザインの巨匠として知られる二人は、どのような思いを胸にクルマと向き合っているのか? 前編のトークショーに続いて、記者団のグループインタビューにおけるコメントを紹介する。

フォルクスワーゲン グループのデザイン責任者を務める、ワルター・デ・シルヴァ氏。過去には、フィアットやアルファ・ロメオでも腕を振るった。
フォルクスワーゲン グループのデザイン責任者を務める、ワルター・デ・シルヴァ氏。過去には、フィアットやアルファ・ロメオでも腕を振るった。
カーデザイン界の巨匠、ジョルジェット・ジウジアーロ氏。初代「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「フィアット・パンダ」など、傑作と呼ばれる多くのクルマを手掛けてきた。
カーデザイン界の巨匠、ジョルジェット・ジウジアーロ氏。初代「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「フィアット・パンダ」など、傑作と呼ばれる多くのクルマを手掛けてきた。
新型「ゴルフ」のデザインスケッチ。
新型「ゴルフ」のデザインスケッチ。

価値ある継続

――「ゴルフ」と他のクルマとの最大の違いは何だと思いますか?

ワルター・デ・シルヴァ(以下、WdS):ゴルフは40年間の長きにわたって作り続けられてきたクルマです。その間、エクステリアの美しさを含め、さまざまな面で進化を遂げてきました。その過程では、おそらく「まったく新しいクルマを作りたい!」という誘惑にかられたこともあったでしょうが、実際にはそうならず、同じ名前をずっと受け継ぎ、基本的なデザインコンセプトを守り続けてきたクルマです。私たちの選択が正しかったことは、ユーザーの反応に表れていると思います。いままでに3000万台近くが販売されたこと自体、私たちのデザインが多くのお客さまの心に届いたことを示していると思います。

ジョルジェット・ジウジアーロ(以下、GG):ゴルフと他のクルマのどこが違うかといえば、全体のプロポーションであり、さまざまなバランスだと思います。初代ゴルフが誕生したとき、あのようなプロポーション、あのようなボディーパネルの仕上げをしたクルマはほかにありませんでした。そして、新たなインパクトを与えながらも、シンプルで、誰が見ても非常にわかりやすかった。これをゴルフは、今日に至るまでずっと守り続けてきました。
過去にも何度か、ベンチマークとしてライバルメーカーがまねをしようとしたこともありますね。私たちが、非常に均衡のとれたプロポーションとバランスを守り続けてきたことこそ、非常に重要なポイントだったと思います。

――先のトークショーでは、一つ一つのラインを決めるにあたって、小さな葛藤があったというお話もありましたが、この7代目ゴルフでも似たようなことはありましたか?

WdS:開発期間を通じて、ディテールまでこだわりながらデザインを煮詰めていきました。ゴルフ7のエクステリアデザインでは、まず、さまざまな国籍を持つデザイナーに合計で12のアイデアを出してもらいました。それらをどんどん煮詰め、集約しながら最終的なデザインに仕上げていきますが、フォルクスワーゲンでは、デザインを固めるプロセスが、しっかりと決まっています。その過程では、スタティックモデルだけではなくダイナミックモデルも使いながら、1mm、1/10mmという細かい寸法までこだわりながら最終的な形状を決めます。この作業には、フォルクスワーゲンの社長も参加します。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ