第189回:ランボルギーニが集結した夢のような5日間
創業50周年記念「グランドツアー」参加記(前編)

2013.06.08 エッセイ
「ランボルギーニ・イオタ」レプリカの姿も。
「ランボルギーニ・イオタ」レプリカの姿も。

ランボルギーニの創立50周年を祝うツアーイベント「50周年グランドツアー」が2013年5月7日から5月11日まで、イタリアで開催された。5日間で総計1200kmに及ぶ“猛牛旅行”の参加記を、2回に分けてお届けする。

 

イベントの最後を締めくくる花火。
イベントの最後を締めくくる花火。
世界29カ国から350台、700人が参加。
世界29カ国から350台、700人が参加。
ミラノからボローニャまで、5日間で1200kmを走破。
ミラノからボローニャまで、5日間で1200kmを走破。
ボローニャのマッジョーレ広場に集まった参加車両。
ボローニャのマッジョーレ広場に集まった参加車両。
さまざまな新旧ランボルギーニが参加。
さまざまな新旧ランボルギーニが参加。

世界29カ国から350台が参加

何百発もの花火が夜空に鳴り響きだす。
時計の針はとうに日付をまたいでいた。
あちらこちらで大歓声が沸き起こった。

こんなところまでやってきて、
こんなにも素晴らしい気分で、
こんなに豪勢な花火を見ることができるなんて……。

色とりどりの炎をうっとりと見つめているうちに、つい、うとうとし始めたのだろう。打ち上げ花火の爆発音が、頭のなかでやがて、V12サウンドの爆音に取って代わられ、色とりどりのレイジングブルが、ミラノを、マルミを、ピサ、ローマ、オルヴィエートを、そしてボローニャを、轟然(ごうぜん)と走り抜ける光景がまぶたの裏によみがえってきた。もちろん、ボクの駆る「ガヤルドLP550-2」も、その中に交じっている。

地元の食材がふんだんに供されたランチに、夜な夜な開催された盛大なパーティー。開け放たれるスプマンテに、ヴィノビアンコ&ヴィノロッソ。そして、着飾った“レイジング”な紳士淑女たち――夢のような5日間を、思い出していた。

アウトストラーダで全開を試し、ローマの石畳の感触を楽しんで、フータ峠を攻め込んだ。4日間で1200kmあまりを、みんなとともに走りぬいた。ずっと、ずっと、笑っていた。ボクはもう一度、目を見開く。そして、金色の花火を見つめながら、誰に向けるでもなしに、にっこりとほほ笑んだ。

5月11日、いや、正確には5月12日になったばかり。ひと際、盛大な光と音が打ち上げられる。どうやら、これが最後の仕掛け花火のようだ。ところはサンタガータ・ボロニェーゼ。確かにそれは、夢の終幕だった――。

このイベントは、正式名を「グランデ・ジロ・ランボルギーニ 50°アニヴェルサリオ」(略して、50周年グランドツアー)という。
2013年の今年、世界中で計画されているアウトモビリ・ランボルギーニの生誕50周年を祝う行事の中でも、最大級にしてハイライトともいうべきイベントだ。

1年前から入念に準備されたという、このグランドツアー。ファッションの街ミラノをスタートし、リグリア~ティレニア海側を南下、首都ローマを折り返して、今度は内陸を北上し、途中ミッレミリアルートなどを楽しみながら、生まれ故郷ボローニャに戻るという、5日間(移動は実質3日間)総計1200kmの“猛牛旅行”。

ランボルギーニオーナーが愛車でイタリア巡りを楽しみ、“里帰り”も果たすという企画がウケたのか、世界中から応募が殺到し、途中参加も含め、最終的に29カ国、350台700名の参加者が集まった。距離にして実に4km、総排気量は19万cc、という猛牛軍団がイタリアを走り回るのだから、壮大なスケールだ。

見物客に見守られて「クンタッチ(カウンタック)」が行く。
見物客に見守られて「クンタッチ(カウンタック)」が行く。

ちなみに、一般参加の320台のうち、最も多かったのはイギリス(道理で右ハンをよくみかけた)。次にイタリア、ドイツ、スイスで、日本はアメリカ、中国に次いで7番目の11台(拍手! 正規参加したこの11台はランボオーナーの鑑<かがみ>です)。
車種で言うと、「350GT」から「ミウラ」、「クンタッチ(カウンタック)」、そして「アヴェンタドール」まで、50年の歴史がほぼすべて出そろっていた。つまり、歴史をすべて見ることができたというわけだ。最も多かったのは、もちろん、猛牛史上最多生産台数を誇るガヤルドで、およそ3分の1の123台だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ