第192回:ランボルギーニが集結した夢のような5日間
「ランボルギーニ50周年グランドツアー」参加記(後編)

2013.06.25 エッセイ
ミラノを出発する「クンタッチ(カウンタック)」。ボローニャへ向け、4日間1200kmの旅へ。

ランボルギーニの創立50周年を祝うツアーイベント「50周年グランドツアー」が2013年5月7日から5月11日まで、イタリアで開催された。ミラノを出発した一行はローマを経てボローニャへ。そこには思いがけない“プレゼント”が用意されていた。(前編はこちら)

静かにスタートの時を待つランボルギーニたち。
最新型に交じり、クラシック・ランボルギーニも続々スタート。白バイならぬ“青バイ”がエスコートする。
「ガヤルド」のパトカーもイベントをサポート。
色とりどりのランボルギーニがワインディングロードを駆け抜ける。
往年の4シータースーパーカー「エスパーダ」の姿も。

ステージ1-ミラノからマルミへ

参加者に事前に手渡されていたのは、おおまかな地図の載った冊子と、各日のスタート時間とチェックポイントを示すシート、そして迷子防止のGPS発信器のみ……。ラリーイベントに必須のコマ図も何もない。アンディ(編集部注:一緒に「ガヤルドLP550-2」に乗る、筆者の旧知のジャーナリスト)と二人、純正ナビに一応、次の目的地を入れつつ、どうしたものかと思案しているうちに、スタートの番が巡ってきた。

司会の紹介とともに観衆の声援に包まれて、スタートする瞬間の、何とも言えない晴れがましさといったら! こればっかりは参加した者にしか分からない。

ほとんど“身二つ”でスタートしてみて、やっとツアーの仕組みを理解した。コマ地図やナビの心配は、不要だったのだ。なぜか。全行程、ポリスの先導付きなのだ。なるほど、このためにランボルギーニはガヤルド・パトカーを寄付していたか(というのは筆者のただの思いつき)。白バイならぬ“青バイ”がしめて40台、代わる代わる、猛牛たちをまとめて面倒をみてくれるというわけだった。

ナビがあってもややこしいミラノ市内も、まったくもってノン・チェ・プロブレンマ。それどころか、ラウンドアバウト、信号、一時停止、バスレーン、進入禁止など、すべておかまいなしなのだ。逆に躊躇(ためら)おうものなら、青バイに「早く行け」と、せかされる始末。何なら対向車線まで止めてやろう、という勢いで、先導するポリスが臨時の交通規制を敷いてくれる。

しかも、速い! 速度制限も関係なし。街中の規制はもちろん、カントリーロードでも150km/h以上(制限速度はおおむね100km/h)、高速では200km/hオーバー(同130km/h)まで、BMWの大型バイクが引っ張ってくれる。途中で気がついたのだけれども、街中のスピードカメラには、一部、垂れ幕さえかかっていた(誰がかけたのかは、定かではないが)!

アンディとボクは、道中、青バイ隊のことを、親しみをこめて、「われらのカウボーイ」(ボクらは「カウ」じゃなくて「ブル」だけど)と呼び、渋滞に陥るたびに、ご登場を願ったものだ。そうすると、いずこからともなく現れて、“救出”してくれること幾度。そんなわがままランボたちのせいで大渋滞が、あちらこちらで……。イタリア市井のみなさま、大変ご迷惑をおかけしました。でも、楽しかった!

初日の5月8日は、ランボルギーニ・チェントロスティーレ(スタイルセンター)のチーフデザイナーであるフィリッポ・ペリーニの生まれ故郷、ボッビオをランチポイントに、ティレニア海の高級リゾート、フォルテ・デイ・マルミへ向かう。ボッビオからは、つづら折りのワインディングロードで、本当に、本当に、色とりどりのレイジングブルが細い断崖の道に連なった。あの光景は、忘れられない。

この日は距離にして345kmを走った。われわれが泊まったホテルは、その昔、フィアットのアニエッリが個人用のリゾートヴィラとして使っていたという、由緒正しき建物だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ