ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)

さらに高みへ 2013.06.10 試乗記 車名から「コンチネンタル」が外され、単に「フライングスパー」と名乗るようになった新型。室内の静けさや乗り心地の良さがさらに磨かれ、高級サルーンとしてさらなる高みに達していた。北京からの第一報。

高まった静粛性

ベントレーが新型「フライングスパー」の国際試乗会の舞台に選んだのは、何と中国は北京であった。かの地の交通事情については、これまで何度も訪れてよく知っているが、当然自らステアリングを握ったことはない。正直に言えば、ずっと握らずに済ませたいものだとすら思っていたほどなのだが、そんな個人的な思いを別にすれば、ここが選ばれたこと自体は、十分に納得できることだといえる。何しろ中国は、ベントレーにとって今や世界第2の市場。そして4ドアサルーンのフライングスパーは、紛れもなくその主力となるはずの存在だからだ。

期間中だけ有効な運転許可証を発行してもらい、臨んだ試乗は北京の中心部にあるホテルが起点。そこから、クルマがバイクがひっきりなしに突っ込んでくる道に出ていくだけで、まずはひと苦労という感じではあったが、ともかくも走りだして、しばらくは一般道を行く。舗装の状態も含めて決して走りやすいわけではない中でも、走りの洗練度が増していることは、すぐに感じられた。

まず室内が、とても静か。新型フライングスパーはアンダーフロア全体に新たな防音材を追加している。これは床下のフラット化で空力にも貢献するというものだ。ガラスはすべて防音タイプとされ、取り付けの工夫により密閉性が高められている。さらにはドア外板にも防音材が追加されるなど、とにかく徹底しているのだ。

従来だって当然、騒がしいクルマだったわけじゃない。しかし違いは明らかで、すべての音のレベルが下がっている。どこかだけ下がると、どこかが際立ってかえって耳障りになってしまうものだが、エンジン音も風切り音も含めたすべてが、まったくそうはなっていないのである。

ベントレーの2012年の世界販売台数は8510台。国別ではアメリカが1位で2457台、試乗会の舞台となった中国が2位で2253台だった。
ベントレーの2012年の世界販売台数は8510台。国別ではアメリカが1位で2457台、試乗会の舞台となった中国が2位で2253台だった。
インパネのデザインは従来のイメージを色濃く残すが、さまざまな“進化”が見られる。例えば、新型ではインパネとドアのベニア(ウッドパネル)が連続するデザインとされた。これは往年の「S2コンチネンタル フライングスパー」のそれをモチーフにしている。
インパネのデザインは従来のイメージを色濃く残すが、さまざまな“進化”が見られる。例えば、新型ではインパネとドアのベニア(ウッドパネル)が連続するデザインとされた。これは往年の「S2コンチネンタル フライングスパー」のそれをモチーフにしている。
モデルバリエーションは標準型と「マリナードライビングスペシフィケーション」の2種類。後者では、シートが「ダイヤモンドキルティング」(写真)となる。
モデルバリエーションは標準型と「マリナードライビングスペシフィケーション」の2種類。後者では、シートが「ダイヤモンドキルティング」(写真)となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。