フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)/TSIハイライン(FF/7AT)

すべての面で進化してる 2013.06.05 試乗記 フォルクスワーゲンの中核モデル「ゴルフ」がフルモデルチェンジ。7代目となる最新型を、排気量の異なる2つのグレードで試した。

「変わったなぁ!」

新型「ゴルフ」、富士山麓の試乗会で最初に乗ったのは「コンフォートライン」である。2エンジン3グレードからなる新シリーズの真ん中にして、1.2リッターの上級モデルだ。

乗り込むと、「ワッ、広くなった」というのが第一印象。全幅は旧型プラス10mmで、ついに1800mmになったが、室内幅はそれ以上に拡幅された感じだ。クロムの使用面積が増えたダッシュボードは一気に“二枚目”になった。アウディっぽくなったと言ってもいい。シェイプしてアゴの線がはっきり出たような外観もイケメンになったと思う。

正味30分あまり。しかも強い風雨。会場のカントリークラブからいったん下って、登り方向を目指す。後席の編集部KさんとNさんが口をそろえて「後ろ、広い!」と言う。乗り心地のよさにも感心している。
ボディーがタテヨコに少し大きくなったにもかかわらず、新型は30~50kgの軽量化を果たしている。しかし相変わらずボディーの剛性感は高い。おかげで、ひとまわり乗り心地がかろやかになった。特に1.2リッターは史上最も軽く感じるゴルフである。

新しい直噴1.2リッターターボはヘッドが4バルブDOHCになり、さらなる低CO2対策が施されてアイドリングストップも付いた。パワーやトルクは旧SOHCと変わらない。だが、富士山を上り始めて、その違いに驚く。滑らかさと静粛性が格段にアップした。パドル付き7段DSGのMTモードで引っ張ると、精密な回転感覚が気持ちいい。静かといっても、イイ音がする。たった105psだから馬鹿力はないが、キャラクターは「回してナンボ」だ。「GTI」じゃないフツーのゴルフ用としては史上最も楽しいエンジンである。

日本では2013年5月20日に披露された7代目「ゴルフ」。同年6月25日に発売となる。
「TSIコンフォートライン」のインテリア。シルバーのセンターパネルは、上級グレード「TSIハイライン」では光沢のあるブラックに。パーキングブレーキは電動式。(シフトレバー横のプッシュスタートボタンは、発売時の日本仕様車にはない装備)
「TSIハイライン」のメーターパネル。回転計と速度計の間にはインフォメーションディスプレイが配される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る