三菱、新型「eKワゴン」を発売

2013.06.06 自動車ニュース
eKワゴンG(4WD)
eKワゴンG(4WD)

三菱、新型「eKワゴン」を発売

三菱自動車は、2013年6月6日、新型軽自動車「eKワゴン」「eKカスタム」を発売した。

eKワゴンG(4WD)
eKワゴンG(4WD)
上質感を表現した「eKワゴン」のインパネ。インパネ中央のオートエアコンの操作部に静電式のタッチスイッチを採用した(Eグレードを除く)。
上質感を表現した「eKワゴン」のインパネ。インパネ中央のオートエアコンの操作部に静電式のタッチスイッチを採用した(Eグレードを除く)。
「eKワゴンG」のフロントシート。
「eKワゴンG」のフロントシート。

■日産との共同開発モデル

eKシリーズ3代目となる「eKワゴン」「eKカスタム」は、三菱と日産の合弁会社「NMKV」が企画・開発したモデル。日産ブランドの姉妹車は、「DAYZ(デイズ)」「DAYZハイウェイスター」と名付けられ、新型eKシリーズとは、顔などが変えられた。いずれも三菱の水島製作所で生産される。

「Just Your Partner」を商品コンセプトとし、気軽に長く付き合えるクルマを目指した新しいeKシリーズ。eKワゴンが標準モデル。eKカスタムは、ややスポーティーに振った、上級版との位置付けだ。ターボエンジンが用意されるのも、eKカスタムだけ。

今回、土台となるシャシーが一新され、ホイールベースは旧型比90mm長い2430mmとなった。また、全高が高くなったのもポイント。軽自動車のマーケットでは、いわゆるトールワゴンが全盛だが、これまでのeKシリーズは、やや背の低いフォルムを特徴としていた。しかしモデルチェンジを機に、全高を70mm高くし、1620mmとした。「スズキ・ワゴンR」(1640mm)、「ダイハツ・ムーヴ」(1635mm)と、真っ向から対決する高さとなったわけだ。全長、全幅は、どちらもライバル2車と同寸の、3395mm、1475mmである。

注目度の高い燃費は、29.2km/リッター。ハイトワゴン中トップクラスのJC08モード燃費がカタログに記載される(eKワゴンでは最廉価の「E」、eKカスタムではターボモデルの「T」を除く。いずれもFF車)。

「優れた燃費性能」に加え、「軽自動車の枠を超える上質感」「運転のしやすさと快適空間」が、ニューeKシリーズのアドバンテージだと、三菱は主張する。

「ekワゴンG」のリアシート。“リッチな座り心地”が自慢。
「ekワゴンG」のリアシート。“リッチな座り心地”が自慢。
リアシートには、背もたれの前倒しに連動して座面が沈み込む「ワンタッチフォールディング」機構が採用された。170mmの前後スライドも可能。
リアシートには、背もたれの前倒しに連動して座面が沈み込む「ワンタッチフォールディング」機構が採用された。170mmの前後スライドも可能。

■「eKワゴン」と「eKカスタム」の2本立て

外観では、「トリプルアローズライン」と名付けられたボディーサイドのキャラクターラインが特徴。「思い切って立体的な面作りにトライした」という。風洞実験を徹底した、空気抵抗の低さも自慢。Cd値は0.32。燃費のよさに貢献する。

eKワゴンとeKカスタムでは、大幅に顔付きを変えた。「カッコかわいい」eKワゴンに対し、eKカスタムのテーマは「ダイナミック&プレミアム」。eKワゴンよりボンネットの高さを30mmほど高くして、グリルの天地を大きくした一方、ヘッドランプを薄くして、精悍な表情を演出した。

インテリアでは、水平基調のインパネデザインを採る。eKワゴンは、ブラック&アイボリー内装、eKカスタムはブラックにシルバーの加飾を組み合わせ、スポーティー&プレミアムなイメージとした。ピアノブラック調のセンターパネルには、スマートフォンのように、指先で触れることでスイッチを操作できるタッチパネルを採用。「優れた操作性と上質感」で、他車との差別化を図る。

NAエンジンは49psと5.7kgmを発生する。
NAエンジンは49psと5.7kgmを発生する。
eKカスタムT(FF)
eKカスタムT(FF)
eKカスタムT(FF)
eKカスタムT(FF)
eKカスタムTのインパネ。
eKカスタムTのインパネ。

■燃費は29.2km/リッターを達成

新型eKのパワーソースは、「三菱i(アイ)」由来の3B20型。軽量なアルミブロックを持ち、ツインカムにして吸気側の連続可変式バルブシステム「MIVEC」を搭載する3気筒エンジンだ。先代eKワゴンより、エンジン全体で約15kgの重量低減を実現した。

659ccの排気量から、自然吸気(NA)エンジンは、最高出力49ps/6500rpm、最大トルク5.7kgm/5500rpm(アイドリングストップなしモデルは、6.0kgm/5000rpm)を、ターボエンジンでは、64ps/6000rpmと10.0kgm/3000rpmを発生する。

新型eKの中堅グレード(NAモデル)には、「オートストップ&ゴー(AS&G)」ことアイドリングストップ機能が採用された。FFモデルは、さらに減速時、13km/h以下からエンジンが停止する「コーストストップ機能付き」となる。この機能を搭載するeKワゴン/eKカスタムのカタログ燃費は、29.2km/リッターまたは26.0km/リッターで、エコカー減税の免税(100%減税)対象車となる。

トランスミッションは、トルクコンバーターを備えた、副変速機付きCVT。三菱の軽としては初のCVTである。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがトルクアーム式3リンクというコンベンショナルなもの。前後とも、パーツを見直し、厚めのゴムパッドを配置することで、乗り心地の改善と低振動化を図っている。タイヤサイズは、155/65R14(ターボモデルは165/55R15)。

価格は、以下の通り。

・eKワゴンE (FF)105万円
・eKワゴンM (FF)112万5000円/(4WD)122万円
・eKワゴンG (FF)124万円/(4WD)133万5000円
・eKカスタムM (FF)126万9000円
・eKカスタムG (FF)136万8000円/(4WD)146万3000円
・eKカスタムT (FF)143万円/(4WD)154万6000円

(文=青木禎之/写真=DA)

→「三菱eKワゴン/eKカスタム」のさらに詳しい写真はこちら

→「三菱eKワゴン/eKカスタム」の発表会の写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る