アウディR8クーペ 5.2FSIクワトロ(4WD/7AT)

素性のいいリアルスポーツ 2013.06.11 試乗記 マイナーチェンジでデュアルクラッチ式セミATを得た「アウディR8」。その進化の度合いを、5.2リッターV10モデルで試した。

進化のキモはトランスミッション

資本的な関係はあれども、異なるメーカーが共通のソリューションを用いて開発したという意味で、「アウディR8」と「ランボルギーニ・ガヤルド」は「トヨタ86」と「スバルBRZ」みたいなものかもしれない。

R8とガヤルドは、共通のアルミのスペースフレームを用い、共通のV10エンジン(R8にはV8もある)を積み、4輪を駆動する(ガヤルドには2WDもある)。ドイツ製の精緻なメカニズムを色っぽいイタリアのブランドで包み込むという、いいとこ取りのエキゾティックカーが2003年に登場したガヤルドなわけだが、せっかくいいコンポーネンツができたのにランボルギーニだけに使わせるのはもったいないということで、親会社のアウディも3年後の2006年にR8を発売した。

つい先日まで、トランスミッションも共通のシングルクラッチ式ロボタイズドMTを載せていたのだが、このたびR8は、モデルチェンジでデュアルクラッチ式の「Sトロニック」に変更した。今回の改良では、外観の小変更を含め細かい変更はいくつかあるが、一番の肝はこのデュアルクラッチトランスミッションの採用だろう。

キャビンフォワードなフォルムに、カーボンパネルとボディーカラーのコントラストが特徴的な「R8」の外観。テスト車の色はサモアオレンジメタリック。
キャビンフォワードなフォルムに、カーボンパネルとボディーカラーのコントラストが特徴的な「R8」の外観。テスト車の色はサモアオレンジメタリック。
今回の改良の目玉は、セミATのトランスミッションを6段シングルクラッチ式の「Rトロニック」から7段デュアルクラッチ式の「Sトロニック」に変更したところ。
今回の改良の目玉は、セミATのトランスミッションを6段シングルクラッチ式の「Rトロニック」から7段デュアルクラッチ式の「Sトロニック」に変更したところ。
外観では、前後ランプやグリル、リアの「R8」エンブレムなどのデザインが変更されている。
外観では、前後ランプやグリル、リアの「R8」エンブレムなどのデザインが変更されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る