「三菱ランサーカーゴ」の燃費が向上

2013.06.03 自動車ニュース
「三菱ランサーカーゴ」
「三菱ランサーカーゴ」

「三菱ランサーカーゴ」の燃費が向上

三菱自動車は2013年6月3日、商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

「ランサーカーゴ」は三菱が日産からOEM供給を受ける商用バンであり、「日産AD/ADエキスパート」の姉妹モデルにあたる。

改良の内容は、2013年5月に実施された「日産AD」の一部改良に準じたもので、1.5リッターFF車のトランスミッションを、4段ATからCVTに変更。燃費が従来モデルから16%改善し、17.4km/リッター(JC08モード)となった。これによりランサーカーゴの1.5リッターFF車は、平成27年度燃費基準+20%を達成。エコカー減税の免税対象車となった。

また、全グレードでメーターに平均燃費、瞬間燃費、航続可能距離の表示機能を追加。インストゥルメントパネルの色もブラックに変更された。

ラインナップと価格は以下の通り。
・15S(FF):148万5750円
・15M(FF):153万4050円
・15G(FF):160万8600円
・16S(4WD):169万7850円
・16M(4WD):173万9850円
・16G(4WD):179万9700円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 商用バンの三菱ランサーカーゴが一部改良 2016.2.4 自動車ニュース 三菱が、日産からOEM供給を受けて販売している商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施。2016年4月1日より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準、および2016年8月1日より適用される自動車の電磁両立性の技術基準への適合をはかった。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る