「三菱ランサーカーゴ」の燃費が向上

2013.06.03 自動車ニュース
「三菱ランサーカーゴ」
「三菱ランサーカーゴ」

「三菱ランサーカーゴ」の燃費が向上

三菱自動車は2013年6月3日、商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

「ランサーカーゴ」は三菱が日産からOEM供給を受ける商用バンであり、「日産AD/ADエキスパート」の姉妹モデルにあたる。

改良の内容は、2013年5月に実施された「日産AD」の一部改良に準じたもので、1.5リッターFF車のトランスミッションを、4段ATからCVTに変更。燃費が従来モデルから16%改善し、17.4km/リッター(JC08モード)となった。これによりランサーカーゴの1.5リッターFF車は、平成27年度燃費基準+20%を達成。エコカー減税の免税対象車となった。

また、全グレードでメーターに平均燃費、瞬間燃費、航続可能距離の表示機能を追加。インストゥルメントパネルの色もブラックに変更された。

ラインナップと価格は以下の通り。
・15S(FF):148万5750円
・15M(FF):153万4050円
・15G(FF):160万8600円
・16S(4WD):169万7850円
・16M(4WD):173万9850円
・16G(4WD):179万9700円

(webCG)
 

関連キーワード:
ランサー三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 商用バンの三菱ランサーカーゴが一部改良 2016.2.4 自動車ニュース 三菱が、日産からOEM供給を受けて販売している商用車「ランサーカーゴ」に一部改良を実施。2016年4月1日より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準、および2016年8月1日より適用される自動車の電磁両立性の技術基準への適合をはかった。
  • 三菱「ランサー」「ランサーワゴン」一部改良 2005.1.13 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサー」「ランサーワゴン」に一部改良を施し、2005年1月11日に発売した。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る