日産が軽ハイトワゴン「デイズ」を発売

2013.06.06 自動車ニュース
「日産デイズ ハイウェイスター」と日産自動車の志賀俊之COO。
「日産デイズ ハイウェイスター」と日産自動車の志賀俊之COO。

日産が新型軽ハイトワゴン「デイズ」を発売

日産自動車は2013年6月6日、軽乗用車の「DAYZ(デイズ)」を発表し、同日、販売を開始した。


 

「デイズ」
「デイズ」
「デイズ X」の車内空間。
「デイズ X」の車内空間。
オーテックのコンプリートカー「デイズ ライダー」。
オーテックのコンプリートカー「デイズ ライダー」。

■ライバルに真っ向勝負

「日産デイズ」は、日産と三菱が軽自動車事業のために設立した合弁会社、NMKVがリリースする初のモデルであり、同日発売の「三菱eKワゴン」の兄弟車にあたる。これまで軽自動車については他社からのOEM供給に頼ってきた日産にとって、企画段階から開発に携わった初めての軽自動車だ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1620mm、ホイールベース=2430mm。ジャンルとしては、軽乗用車のメインストリームである軽ハイトワゴンに属する。ラインナップ上は「日産オッティ」の後継モデルにあたるが、従来モデルが立体駐車場におさまる車高やリアスライドドアなどを売りとしていたのに対し、デイズは1.6メートル級の車高に前後ヒンジドアと、軽ハイトワゴンとしてオーソドックスな設計を採用。「スズキ・ワゴンR」や「ダイハツ・ムーヴ」などと真正面から勝負する道を選んだ。

商品コンセプトは「親・品・感」というもので、上質でエモーショナルなデザインと、親しみやすさ、扱いやすさをアピール。セリングポイントには、内外装のデザインと、充実した快適装備、軽ハイトワゴンとしてトップレベルの広さと燃費などが挙げられている。

ラインナップはノーマル車の「デイズ」、ドレスアップモデルの「デイズ ハイウェイスター」の2種類。またオーテックジャパンからは、コンプリートカスタム車の「デイズ ライダー」や、福祉車両のライフケアビークルもリリースされる。

 

日産が軽ハイトワゴン「デイズ」を発売の画像

日産が軽ハイトワゴン「デイズ」を発売の画像
「デイズ」のインパネまわり。
「デイズ」のインパネまわり。
「デイズ ハイウェイスター」のインパネまわり。
「デイズ ハイウェイスター」のインパネまわり。

■お約束の「ハイウェイスター」もラインナップ

エクステリアデザインは、開発者いわく「あまりカクカクさせないように気を付けた」とのことで、ボンネットとAピラー、ルーフラインがスムーズにつながるフォルムを採用。ノーマル車では、フロントマスクもヘッドランプに角の取れたデザインを用いるなど、親しみやすさを重視したものとなっている。またクルマがワイドに見えるよう、グリルの下にヘッドランプまで伸びるメッキモールを設置。サイドビューを飾る2本のキャラクターラインや、テールゲート下部のくびれ、L字型のリアコンビランプなどもデイズの特徴となっている。

こうしたノーマル車に対し、ハイウェイスターではシャープさや存在感のあるたたずまい、プレミアム感などを重視。下端位置の低い前後バンパーやサイドシルスポイラー、ノーマル車より嵩(かさ)のあるボンネットフードなどにより、ボディーをより低重心に、厚く見せている。またグリルには、「セレナ」や「エルグランド」のハイウェイスターでおなじみの、3本の太いメッキバーをあしらったデザインを採用。フィニッシャーをメッキ処理したHIDヘッドランプや、ルーフスポイラーと一体となったハイマウントストップランプ、クリアレンズを用いたリアコンビランプもハイウェイスターならではの装備だ。

一方インテリアでは、センタークラスターを中心に弓なりに広がるデザインのインストゥルメントパネルを採用。内装色はノーマルがアイボリー、ハイウェイスターがブラックとなっており、メーターの色やシートバックのデザインなどでも、両モデルの差別化が図られている。

アラウンドビューモニターを内蔵した自動防眩ルームミラー。
アラウンドビューモニターを内蔵した自動防眩ルームミラー。
上級グレードに装備される、タッチパネル式の空調。
上級グレードに装備される、タッチパネル式の空調。

日産が軽ハイトワゴン「デイズ」を発売の画像

■「クラス初」「軽乗用車初」の装備を多数採用

最新の軽ハイトワゴンのご多分に漏れず、デイズはデイリーユースで役立つ装備が充実している。タッチパネル式オートエアコンをはじめ、自動防眩(ぼうげん)ルームミラーや、そこに内蔵されるアラウンドビューモニターなど、クラス初、軽自動車初の装備を多数設定。フロントドアには、日産車として初めて紫外線を99%カットするスーパーUVカットガラスを採用した。また、急ブレーキ時にハザードランプが自動点滅するエマージェンシーストップシグナルや、サイドミラーのドアロック連動格納機能、ウインカーレバーを軽く押すと3回だけ点滅するコンフォートフラッシャーなどは標準装備となる。

車内空間の機能性も考慮しており、軽ハイトワゴンならではの広さはもちろん、後席は乗降性を意識してシートやサイドシルまわりの形状を工夫。ラゲッジルームの側面にはベビーカーを入れやすくするためのくぼみを設けるなど、いたるところに細かな工夫が取り入れられている。運転席まわりについても、ルーフ上端までせりあがったフロントウィンドウにより、特に縦方向に広々とした視野を確保。ダッシュボードの随所に設けられたポケットやグローブボックス、助手席のシートアンダーボックス、買い物フックなど、収納関係も充実している。

タイヤサイズは155/65R14が中心で、「ハイウェイスターG」と「ハイウェイスターGターボ」のみが165/55R15となる。ホイールは、ノーマル車はスチールホイール、「ハイウェイスター」はアルミホイールが標準。
タイヤサイズは155/65R14が中心で、「ハイウェイスターG」と「ハイウェイスターGターボ」のみが165/55R15となる。ホイールは、ノーマル車はスチールホイール、「ハイウェイスター」はアルミホイールが標準。

日産が軽ハイトワゴン「デイズ」を発売の画像

■燃費は最高で29.2km/リッター

メカニズムは、3気筒SOHCと4段ATの組み合わせが主だった従来モデルから一新。エンジンは可変バルブタイミングや水冷式EGRクーラーなどを採用した新開発の3気筒DOHCに、トランスミッションはワイドな変速比幅の副変速機付きCVTに変更された。
また自然吸気モデルには、最廉価グレードの「J」を除く全車にアイドリングストップを採用。このほかにも、ボディーの軽量化や空気抵抗の低減、低燃費タイヤの採用など、クルマ全体で燃費の改善が図られている。
これにより、デイズはJC08モードで22.6~29.2km/リッターの燃費性能を実現。ターボモデルや4WD車ではライバルに一歩ゆずるものの、アイドリングストップを採用したFFの自然吸気モデルでは、クラストップの数値を達成した。

グレード構成はノーマル車が下から「J」「S」「X」の3種類、ハイウェイスターが「J」「X」「G」「Gターボ」の4種類。ノーマル車、ハイウェイスターともに、最廉価の「J」を除く全グレードに4WDを設定している。
なお、ターボ車である「ハイウェイスターGターボ」はFF、4WDともに2013年8月の発売予定で、今のところアイドリングストップ機構の設定は予定されていない。

各グレードの価格は以下の通り。
・J:106万7850円
・S:112万350円/123万7950円(4WD)
・X:122万100円/133万7700円(4WD)
・ハイウェイスターJ:122万100円
・ハイウェイスターX:131万400円/142万8000円(4WD)
・ハイウェイスターG:137万9700円/149万7300円(4WD)
・ハイウェイスターGターボ:148万4700円/156万7650円(4WD)

(webCG 堀田)

→「日産デイズ」の発表会の模様はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デイズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る