BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を発表

2013.06.04 自動車ニュース
「BMW 3シリーズ グランツーリスモ」
「BMW 3シリーズ グランツーリスモ」

BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を発表

BMWジャパンは2013年6月4日、「3シリーズ」の新たなモデルバリエーション「3シリーズ グランツーリスモ」を発表。同日、販売を開始した。

BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を発表の画像
BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を発表の画像
BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を発表の画像
BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を発表の画像
写真左から、独BMWエクステリアクリエイティブディレクター永島譲二氏、BMWジャパン代表取締役アラン・ハリス氏。
写真左から、独BMWエクステリアクリエイティブディレクター永島譲二氏、BMWジャパン代表取締役アラン・ハリス氏。

「3シリーズ グランツーリスモ」はクーペ風のスタイルを持つ5ドアハッチバック。
「3シリーズ ツーリング」よりも全長で20cm、ホイールベースで11cm、全高で5cm拡大され、シートポジションは約6cm高くなっている。

エクステリアは、リアに向けて下降するルーフラインと、サッシュレスドアの採用などにより、「クーペのようにエレガントでダイナミックなフォルム」(プレスリリース)が特徴となっている。
テールゲートにはBMW初となる「アクティブリアスポイラー」を装備。車速に応じて自動的に上昇し、最適なダウンフォースを確保する。
また、フロントサイドパネルに設けられた「エアブリーザー」と呼ばれるエアダクトは、フロントホイールハウスに流れこむ空気を放出し、ホイール周辺で発生する乱気流を抑えることで空気抵抗を低減する。

インテリアでは、後席のレッグスペースが3シリーズツーリングより約7cm拡大され、さらにバックレストの角度も調整可能となるなど、快適性が向上。
荷室の容量は、3シリーズ ツーリングより25リッター大きい520リッターで、40:20:40分割可倒式となる後席をたたむと、最大で1600リッターまで拡大する。

搭載されるエンジンは、2リッター直4ターボが最高出力184psと245psの、チューンが異なる2タイプと、3リッター直6ターボ(306ps)の合わせて3種類が用意され、トランスミッションは8段ATが組み合わされる。

モデルラインナップは「3シリーズ セダン」「3シリーズ ツーリング」と同様、標準モデルのほか、「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」の3つのデザインラインと、「Mスポーツ」が設定される。

バリエーションの詳細と価格は以下の通り。

・320iグランツーリスモ:494万円
・320iグランツーリスモ スポーツ/モダン/ラグジュアリー:514万円
・320iグランツーリスモ Mスポーツ:543万円
・328iグランツーリスモ:599万円
・328iグランツーリスモ スポーツ/モダン/ラグジュアリー:619万円
・328iグランツーリスモ Mスポーツ:648万円
・335iグランツーリスモ:730万円
・335iグランツーリスモ スポーツ/モダン/ラグジュアリー:750万円
・335iグランツーリスモ Mスポーツ:776万円

なお、「Mスポーツ」の納車開始は2013年秋の予定。

(文と写真=工藤考浩)

 

関連記事 ホームへ戻る