第5回:あぁ奇才、GT-R水野よどこへゆく……
スクープ! 夢の“R35ノルドリンク”計画!?

2013.06.06 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

ますます元気な御年61歳!

「ったく今の自動車評論家は勉強不足! もうちょっと学ばないと、世の中リードしていけないでしょう。これからは俺もフリーになったし、どんどん言わせてもらいますから!!」
といきなり俺に説教をかます水野さん、相変わらず手が付けられないほどパワフルだったわ~(苦笑)。

そう、水野和敏さんとは、webCG読者ならよく知るであろう「ミスターGT-R」、あのマルチパフォーマンス・スーパーカー、「日産GT-R(R35)」を手掛けた奇才。当時、カルロス・ゴーンCEOから直々に任命され、日産独自の開発指揮システム、三権分立のCPS、CVE、PDを一人で兼任したいわば特例たるエンジニアだった。

で、その強烈キャラゆえ、去年60歳を迎えて定年退職しても嘱託として残り、その後も水野体制は続くとこちとら勝手ににらんでいたわけだけど、2013年3月に61歳で電撃退職! 
理由はいろんな雑誌やサイトに載っているので見ていただくとして、不肖小沢としては一度会わずにはいられなかったし、3月末にお辞めになってから約2ヵ月。そろそろなんか見えてきたかな……と思ってメールしてみたら、
「じゃ、利男ちゃん(開発ドライバーの鈴木利男さん)の店に来てよ」と埼玉県入間市の「NordRing(ノルドリンク)」に行くことになったわけ。ノルドリンクとはご存じGT-R開発の聖地となったドイツ・ニュルブルクリンク北コースの別称だ。

「日産GT-R」の生みの親である水野和敏さん(左)。実は「小沢コージの勢いまかせ!」(リターンズじゃない方)でも一度お世話になったことがあり、出演は今回が2回目となる。以前の記事が気になる人は、こちらをどうぞ。
「日産GT-R」の生みの親である水野和敏さん(左)。実は「小沢コージの勢いまかせ!」(リターンズじゃない方)でも一度お世話になったことがあり、出演は今回が2回目となる。以前の記事が気になる人は、こちらをどうぞ。

第5回:あぁ奇才、GT-R水野よどこへゆく……スクープ! 夢の“R35ノルドリンク”計画!?の画像
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
ホームへ戻る