第5回:あぁ奇才、GT-R水野よどこへゆく……
スクープ! 夢の“R35ノルドリンク”計画!?

2013.06.06 エッセイ

ますます元気な御年61歳!

「ったく今の自動車評論家は勉強不足! もうちょっと学ばないと、世の中リードしていけないでしょう。これからは俺もフリーになったし、どんどん言わせてもらいますから!!」
といきなり俺に説教をかます水野さん、相変わらず手が付けられないほどパワフルだったわ~(苦笑)。

そう、水野和敏さんとは、webCG読者ならよく知るであろう「ミスターGT-R」、あのマルチパフォーマンス・スーパーカー、「日産GT-R(R35)」を手掛けた奇才。当時、カルロス・ゴーンCEOから直々に任命され、日産独自の開発指揮システム、三権分立のCPS、CVE、PDを一人で兼任したいわば特例たるエンジニアだった。

で、その強烈キャラゆえ、去年60歳を迎えて定年退職しても嘱託として残り、その後も水野体制は続くとこちとら勝手ににらんでいたわけだけど、2013年3月に61歳で電撃退職! 
理由はいろんな雑誌やサイトに載っているので見ていただくとして、不肖小沢としては一度会わずにはいられなかったし、3月末にお辞めになってから約2ヵ月。そろそろなんか見えてきたかな……と思ってメールしてみたら、
「じゃ、利男ちゃん(開発ドライバーの鈴木利男さん)の店に来てよ」と埼玉県入間市の「NordRing(ノルドリンク)」に行くことになったわけ。ノルドリンクとはご存じGT-R開発の聖地となったドイツ・ニュルブルクリンク北コースの別称だ。

「日産GT-R」の生みの親である水野和敏さん(左)。実は「小沢コージの勢いまかせ!」(リターンズじゃない方)でも一度お世話になったことがあり、出演は今回が2回目となる。以前の記事が気になる人は、こちらをどうぞ。
「日産GT-R」の生みの親である水野和敏さん(左)。実は「小沢コージの勢いまかせ!」(リターンズじゃない方)でも一度お世話になったことがあり、出演は今回が2回目となる。以前の記事が気になる人は、こちらをどうぞ。

第5回:あぁ奇才、GT-R水野よどこへゆく……スクープ! 夢の“R35ノルドリンク”計画!?の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • 2015ワークスチューニンググループ合同試乗会(NISMO編)【試乗記】 2015.7.28 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。モータースポーツ活動で培ってきた各社の経験は、市販モデルの性能向上にどう生かされているのか? 今回はNISMOの3車種をリポートする。
ホームへ戻る