メルセデス・ベンツA250 シュポルト(FF/7AT)

「Aクラス」のトップガン 2013.06.12 試乗記 クリスタルを散りばめたようなフロントグリルが印象的な、新型「Aクラス」のトップモデル「A250 シュポルト」を箱根で味わった。

とびきり派手

2013年1月に国内発表された新型「Aクラス」のトップモデルが「A250 シュポルト」である。「A180」「A180 スポーツ」のさらに上だ。122psの1.6リッター4気筒ターボを搭載するA180系に対して、A250 シュポルトのエンジンは新開発の2リッター4気筒ターボ。210psの最高出力は「ゴルフ6」の「GTI」と同じである。

A250 シュポルトの顔を見分けるのは簡単だ。A180系はシンプルな水平2本線グリルだが、こちらはダイヤモンドグリルと呼ばれる装飾的なマスクが特徴で、ナンバー下のセンターインテークには赤いラインが入る。AMG開発のスポーツサスペンションを備え、ホイールもAMGの専用18インチを履く。前輪の5スポークの奥には赤いブレーキキャリパーと320mm径の大型ローターがのぞく。耽美(たんび)的なデザインに身を包む新型Aクラスのなかでもとびきり派手なのがA250 シュポルトである。

室内では、シートベルトやエアコン吹き出し口のリングやシートのステッチが赤になる。ボディーのしっかりした建て付けや、ドアの開け閉めの重厚感や、内装の立派な質感など、つくり込みに“メルセデスの重さ”を感じさせるのは新型Aクラスに共通する特徴だ。そのため、ゴルフよりちょっと上のクラスかなと思わせる。もっとも、A250 シュポルトは420万円する。新型「ゴルフGTI」の国内デビューはもう少し先だが、旧型が368万円だったことを考えると、やはりゴルフよりちょっと上を狙った価格設定といえる。

「シルバーダイヤモンドフロントグリル」と呼ばれるきらびやかなグリルが「A250 シュポルト」の特徴。
「シルバーダイヤモンドフロントグリル」と呼ばれるきらびやかなグリルが「A250 シュポルト」の特徴。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。210ps、35.7kgmを発生する。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。210ps、35.7kgmを発生する。
18インチのAMGアルミホイールが装着される。タイヤサイズは235/40R18。
18インチのAMGアルミホイールが装着される。タイヤサイズは235/40R18。
メルセデス・ベンツA250 シュポルト(FF/7AT)【試乗記】 の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る