第299回:イタリアの“エルビス・プレスリー”はフェラーリクラブ発起人だった!

2013.06.07 エッセイ

リトル・トニー

どの国にも「◯◯のエルビス・プレスリー」といわれる歌謡スターがいる。先週の月曜日、2013年5月27日に肺がんでこの世を去った「リトル・トニー」は、イタリアのエルビス・プレスリーと呼ばれた歌手だった。72歳だった。

リトル・トニーの本名は、アントニオ・チャッチ。1941年ローマ郊外の生まれだが、国籍は先祖のそれを継承してサンマリノ共和国であった。幼い頃から旅回り歌手だった父親について、各地のレストランや祭りの会場で歌を披露していた。青年時代は、当時流行していたアメリカのロックンローラーを、いち早く自分のキャラクターとして取り入れた。

そして1961年、彼が18歳のとき、同じくのちに有名となるカンツォーネ歌手のアドリアーノ・チェレンターノと組んで「2万4000回のキス」を歌い、サンレモ音楽祭で2位に入る。その後、サンレモで1位となることはなかったが、ソロシンガーとして1960年代を通じてヒット曲を続出した。
時代を超越したリーゼント風ヘア&もみあげをたくわえた風貌と、一般的ロック歌手よりも親しみやすいキャラクターで、晩年まで人気を博した。
ちなみに、彼のオフィシャルサイト(http://littletony2013.wix.com/official)を開くと、今でも歌声が自動的に流れる。

「リトル・トニーのコンサートツアー付き米国旅行が当たる」というダノン・イタリア法人製のヨーグルト。(2009年撮影)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。