MINIクーパーS ペースマン ALL4(4WD/6AT)

ファミリーカーにも色気を 2013.06.17 試乗記 MINI 7番目の兄弟「ペースマン」に箱根で試乗。一見、カテゴライズが難しいモデルだが、ファミリーカーとして使えば、こんな“効能”が期待できるかもしれない!?

少々“難解”な新顔

もう驚かないが、またMINIが増えた。ハッチバックを皮切りに、ワゴン化した「クラブマン」、4シーターオープンの「コンバーチブル」、2シーターオープンの「ロードスター」、そのフィクストヘッド版の「クーペ」ときて、ボディーを拡大して初の4ドア(5ドア)であり、初の4WDである(もある)「クロスオーバー」が登場したところで一段落かと思いきや、ダメ押し気味に「ペースマン」が出てきた。

イギリスをはじめとするコモンウェルスで盛んなクリケットで速い球を投げる選手をペースマンというらしいが、それが由来かどうかはわからない。

クロスオーバーをベースに、わざわざ4ドア化したのにまた2ドア(3ドア)に戻し、ルーフを後ろ下がりにスラントさせた、カテゴライズの難しいモデルだ。やはり(車名じゃなくカテゴリーとしての)クロスオーバーの一種だろうか。大ヒット中の「レンジローバー イヴォーク」は、2ドアは4ドアに比べルーフが低く、4ドアを「イヴォーク」、2ドアを「イヴォーク クーペ」と呼ぶが、手法としてはあれと一緒。

ペースマンのエンジンは、日本ではすべてガソリンで、1.6リッター直4の「クーパー」、同ターボの「クーパーS」と4WDの「クーパーS ALL4」、そしてチューンを高めた「ジョンクーパーワークス」(4WD)の4モデルがラインナップされる。試乗したクーパーS ALL4は396万円で、価格でいうと2番目に高いペースマンだ。FWDの「クーパーS ペースマン」は375万円なので、4WD代は21万円。

MINIラインナップ7番目のモデルとなる「ペースマン」。日本では2013年の3月2日(ミニの日)に発売された。
MINIラインナップ7番目のモデルとなる「ペースマン」。日本では2013年の3月2日(ミニの日)に発売された。
大きなセンターメーターはMINIファミリーのトレードマーク。センターコンソールの代わりに、ドリンクホルダーなどが固定できる「センターレール」が設置される。
大きなセンターメーターはMINIファミリーのトレードマーク。センターコンソールの代わりに、ドリンクホルダーなどが固定できる「センターレール」が設置される。
1.6リッター直4ツインスクロールターボは184psと24.5kgmを発生する
1.6リッター直4ツインスクロールターボは184psと24.5kgmを発生する

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。