ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/6AT)

基本が優れていればこそ 2013.06.23 試乗記 先進の安全装備と4WDシステムを併せ持つ「ボルボV40クロスカントリー」に試乗。初夏のドライブを通して、その実力をチェックした。

「V40」シリーズきっての万能選手

今「ボルボV40」が欲しければ、新しい「クロスカントリー」あたり、けっこう狙う価値ありそうかも。待つ身はツラいもので、今年2月に発売されたV40、好評で注文殺到はご同慶の至りだが、納車が間に合わない。このままでは今までのクルマの車検が切れてしまうし、じゃんじゃん使いたい夏も迫って来るしと、焦るファンも多いだろう。そこでクロスカントリーに目移りしても無理はない。

名前はクロスカントリー(ほかのシリーズにある「XC」も意味は同じ)でもオフロードを想定した体育会系ではなく、大流行のクロスオーバーの最新作。セダンでありワゴンでありSUVであり、いざとなればGTでもあると同時に、どれでもないのがクロスオーバー。その点、外寸はV40(同じ5気筒の「T5 R-DESIGN」)とほとんど同じで、ちょっとボディーが分厚いだけ(全高が1440mmから1470mmに、最低地上高が135mmから145mmに増加)。フロントに横置きの2リッター5気筒ターボ (B5204T型)は最高出力213ps/6000rpm、最大トルク30.6kgm/2700-5000rpmと性能まで共通、組み合わせの変速機もスポーツモード付きの6段ATと変わらない。サスペンションの構造も細部まで同じ。履物を見るとV40が7.5J×18ホイールに225/40R18タイヤ、V40クロスカントリーが7J×17ホイールに225/50R17タイヤとわずかに違うが、そこに良さの一つがあったりする。

スタイリッシュな北欧デザインに、専用デザインのバンパーやスキッドプレートがたくましいイメージをプラス。1470mmの車高により、クロスオーバーモデルながら、機械式の立体駐車場にも入ることができる。
エンジンにはスポーツグレードの「T5 R-DESING」と同じ、2リッター5気筒ターボを搭載している。

タイヤサイズは前後とも225/50R17。タイヤの直径は「V40」シリーズの中で最大となる約657mmで、「T5 R-DESIGN」や「T4 SE」より、2cmほど大きい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40クロスカントリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る