ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/6AT)

基本が優れていればこそ 2013.06.23 試乗記 先進の安全装備と4WDシステムを併せ持つ「ボルボV40クロスカントリー」に試乗。初夏のドライブを通して、その実力をチェックした。

「V40」シリーズきっての万能選手

今「ボルボV40」が欲しければ、新しい「クロスカントリー」あたり、けっこう狙う価値ありそうかも。待つ身はツラいもので、今年2月に発売されたV40、好評で注文殺到はご同慶の至りだが、納車が間に合わない。このままでは今までのクルマの車検が切れてしまうし、じゃんじゃん使いたい夏も迫って来るしと、焦るファンも多いだろう。そこでクロスカントリーに目移りしても無理はない。

名前はクロスカントリー(ほかのシリーズにある「XC」も意味は同じ)でもオフロードを想定した体育会系ではなく、大流行のクロスオーバーの最新作。セダンでありワゴンでありSUVであり、いざとなればGTでもあると同時に、どれでもないのがクロスオーバー。その点、外寸はV40(同じ5気筒の「T5 R-DESIGN」)とほとんど同じで、ちょっとボディーが分厚いだけ(全高が1440mmから1470mmに、最低地上高が135mmから145mmに増加)。フロントに横置きの2リッター5気筒ターボ (B5204T型)は最高出力213ps/6000rpm、最大トルク30.6kgm/2700-5000rpmと性能まで共通、組み合わせの変速機もスポーツモード付きの6段ATと変わらない。サスペンションの構造も細部まで同じ。履物を見るとV40が7.5J×18ホイールに225/40R18タイヤ、V40クロスカントリーが7J×17ホイールに225/50R17タイヤとわずかに違うが、そこに良さの一つがあったりする。

スタイリッシュな北欧デザインに、専用デザインのバンパーやスキッドプレートがたくましいイメージをプラス。1470mmの車高により、クロスオーバーモデルながら、機械式の立体駐車場にも入ることができる。
スタイリッシュな北欧デザインに、専用デザインのバンパーやスキッドプレートがたくましいイメージをプラス。1470mmの車高により、クロスオーバーモデルながら、機械式の立体駐車場にも入ることができる。
エンジンにはスポーツグレードの「T5 R-DESING」と同じ、2リッター5気筒ターボを搭載している。
エンジンにはスポーツグレードの「T5 R-DESING」と同じ、2リッター5気筒ターボを搭載している。

タイヤサイズは前後とも225/50R17。タイヤの直径は「V40」シリーズの中で最大となる約657mmで、「T5 R-DESIGN」や「T4 SE」より、2cmほど大きい。


	タイヤサイズは前後とも225/50R17。タイヤの直径は「V40」シリーズの中で最大となる約657mmで、「T5 R-DESIGN」や「T4 SE」より、2cmほど大きい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40クロスカントリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る