第188回:新型「三菱eKワゴン」の売りはココ!
開発陣にインタビュー

2013.06.06 エディターから一言
三菱eKワゴンG(4WD)
三菱eKワゴンG(4WD)

「三菱トッポ」で“背の高い軽自動車”を世に送り出し、初代「eKワゴン」では“セミトールワゴン”というカテゴリーを作った三菱自動車。3代目となる新型eKワゴンは、どのようなコンセプトで開発されたのか。開発陣に聞いた。

NMKV 商品企画グループ チーフプロダクトスペシャリストの鴛海(おしうみ)尚弥さん。
NMKV 商品企画グループ チーフプロダクトスペシャリストの鴛海(おしうみ)尚弥さん。
「eKワゴンG」のインテリア。
「eKワゴンG」のインテリア。
NMKV 開発グループ プロジェクトマネージメントチーム アシスタントマネージャーの細見佳弘さん。
NMKV 開発グループ プロジェクトマネージメントチーム アシスタントマネージャーの細見佳弘さん。
0.66リッター直3自然吸気エンジン搭載モデルの燃費は、クラストップの29.2km/リッターを達成した(JC08モード。FF車の場合。Eグレードを除く)。
0.66リッター直3自然吸気エンジン搭載モデルの燃費は、クラストップの29.2km/リッターを達成した(JC08モード。FF車の場合。Eグレードを除く)。
オートエアコンの操作部に静電式のタッチスイッチを採用した(Eグレードを除く)。
オートエアコンの操作部に静電式のタッチスイッチを採用した(Eグレードを除く)。

アドバンテージは燃費の良さ

――これまでeKワゴンというモデルは、市場からどのように受け入れられていたのですか。

鴛海さん(以下敬称略):初代eKワゴンが市場に投入されたのは2001年。軽自動車の「セダン」と「トールワゴン」の間を狙った「セミトールワゴン」として登場しました。立体駐車場にも入る、広さ感もある、と好評をいただき、実際、台数も出ました。ところが、年々、ユーザーの方々の、軽に求める広さ感が強くなって、次第に「セミトール」のeKワゴンは苦戦するようになりました。

――軽自動車全体の車高が上がってきた、と。

鴛海:初代eKワゴンがつくった「セミトール」のカテゴリーが「セダン」に飲み込まれるカタチで、ひとつにまとまった。そこで今回は、全高を70mm上げ、軽自動車の中でも販売ボリュームの大きい「トールワゴン」に、新型eKを持ってきたんです。

――「スズキ・ワゴンR」「ダイハツ・ムーヴ」と、真正面から競合するわけですね。eKシリーズの3代目ということで、プラットフォームも一新されました。

細見さん(以下敬称略):ホイールベースを90mm延ばし、全高も1620mmまで高くして、居住性をアップ。他社に見劣りしないパッケージングを実現できました。

――ライバルに対するアドバンテージは何ですか?

細見:燃費ですね。ワゴンRが28.8km/リッター、ムーヴが29.0km/リッター。今度のeKでは、“コンマ1”の数字を積み重ねてトップを取りました。

――29.2km/リッターですね。ボディーの軽量化も大変だったのでは?

細見:高張力鋼板の割合を増やし、各部の構造を合理化、エンジンをアルミ化したりして、50kgほど軽量化しました。一方で、CVTの採用、ホイールを13から14インチにアップ、後席のスライド機構追加、そして衝突安全性の向上などもあって、車重は先代と同じ830kgです。

――商品性を向上しつつ、軽量化で重量増を抑えたわけですね。他車と比較して、わかりやすくユニークな点はどこですか?

細見:インパネのタッチパネルです。デザイン上も、見た目の上質感にも効いています。機能面では、指先のタッチに反応する範囲を広くしたり、スイッチのレイアウト、液晶に表示する情報を工夫したりして、操作性や視認性に配慮しました。タッチに反応する感度も、5段階に調整できます。

関連記事 ホームへ戻る