「メルセデス・ベンツVクラス」に2種の限定車

2013.06.07 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV350ホワイト エディション」
「メルセデス・ベンツV350ホワイト エディション」

「メルセデス・ベンツVクラス」に2種の限定車

メルセデス・ベンツ日本は2013年6月6日、「メルセデス・ベンツVクラス」に特別限定車「V350 WHITE EDITION(ホワイト エディション)」「V350 AVANTGARDE EDITION long(アバンギャルド エディション ロング)」を設定し、同日発売した。

「V350アバンギャルド エディション ロング」
「V350アバンギャルド エディション ロング」
「V350アバンギャルド エディション ロング」
「V350アバンギャルド エディション ロング」

V350ホワイト エディションは「V350トレンド」をベースに、通常はオプション扱いの装備を加えたモデル。
具体的な装備の内容は、運転席のメモリー付きパワーシートや前席シートヒーター、電動デュアルスライディングドア、クルマと障害物との距離を警告音やインジケーターで知らせるパークトロニック、バイキセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャー、アクティブライトシステムなど。ボディーカラーはアークティクホワイトで、専用の18インチ10ツインスポークアルミホイールを装備している。

一方V350アバンギャルド エディション ロングは、Vクラスの最上級グレードである「V350アンビエンテ ロング」をベースに、専用デザインの「クロームストリップ付きフロントスポイラー」や、「ハイグロスクローム」のドアミラーカバー、19インチ16スポークアルミホイールなどを追加したモデルである。
インテリアは通常モデルが7人乗りのところを、2列目、3列目シートを左右独立のキャプテンシートとした6人乗り仕様に変更。シート表皮には専用のレザー素材「DINAMICA」を採用しており、後席には収納式センターテーブルや挟み込み防止機能付きのデュアルガラス・スライディングルーフを装備している。

価格はV350ホワイト エディションがベース車比で46万円高の495万円、V350アバンギャルド エディション ロングが同73万円高の710 万円。販売台数はそれぞれ50台の限定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
Vクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記