「クライスラー300」にスポーティーな限定車

2013.06.07 自動車ニュース
クライスラー300S
クライスラー300S 拡大

「クライスラー300」にスポーティーな限定車

フィアット クライスラー ジャパンは2013年6月6日、クライスラーブランドのセダン「300」に特別仕様車「300S」を設定し、100台限定で同年7月6日に発売すると発表した。

レッドレザーシートが与えられるインテリア。
レッドレザーシートが与えられるインテリア。 拡大

「クライスラー300S」は、既存のエントリーモデル「300リミテッド」と上級モデル「300Cラグジュアリー」の中間に位置するモデル。
ハイパフォーマンスモデル「クライスラー300 SRT8」と同じリアスポイラーやサイドシル、プラチナブラックカラーのフロントグリル、20インチブラックカラーアルミホイールなどで、エクステリアがスポーティーにドレスアップされる。

ボディーカラーは三層仕上げの「ファントムブラック」で、専用のレッドレザーシートやピアノブラックインテリアアクセントが与えられるインテリアは、赤と黒のツートンカラーでコーディネートされる。

価格は、478万円。

(webCG)

関連キーワード:
300クライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る