キャデラックXTS プラチナム(FF/6AT)

長年のファンにささぐ 2013.06.17 試乗記 長年にわたりキャデラックを乗り継いできたオーナーのため、ヤナセが独自に輸入しているフルサイズセダン「XTS」。おおらかで鷹揚な、ちょっと懐かしいアメリカンラグジュアリーの魅力をリポートする。

新車で買える「昔のアメ車」

もうなくなっちゃったのかな、でも時代の要請かな、「昔はよかった」なんて言うのはよくないよな、言ったってしかたないな……と思っていたら、まだあった! ヤナセさんが頑張って入れてくれたおかげで、ものすごく久しぶりに「昔のアメ車」に新車で乗ることができた。

「キャデラックXTS」。現在、シボレーやキャデラックなどのGM各車を正規に輸入しているのはGMアジア・パシフィックだが、XTSはかつてのキャデラックやフォルクスワーゲンのインポーターであり、今はガイシャをよく知る販売会社となったヤナセ(の関連会社)が、独自に輸入するフルサイズのセダンだ。

キャデラックは、大昔はそれはそれは高級車で、プレミアムの代表的存在。メルセデスがどうした? 比べるならロールス・ロイス持ってこいというほどのビッグネームだったが、だんだんドイツ車に押され気味となり、ある時、本気で欧州車に立ち向かおうと決意。FFだらけだったラインナップを次々にFRに置き換えた。日本でも人気の「ATS」や、先日新型が発表された「CTS」は、グローバルで戦うための新世代キャデラックだ。

キャデラックの最上級セダンにふさわしい、堂々とした出で立ち。全長×全幅×全高=5130×1850×1510mmという外寸は、ライバルでいえば「メルセデス・ベンツSクラス」に匹敵する。
大柄なボディーの恩恵もあって、ゆったりとした車内。インテリアカラーは2種類から選ぶことができる。
メーターは「ATS」などと同じデジタル表示。複数の表示レイアウトの中から、使いやすいものを選ぶことができる。(クリックすると、表示の切り替わる様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る