キャデラックXTS プラチナム(FF/6AT)

長年のファンにささぐ 2013.06.17 試乗記 長年にわたりキャデラックを乗り継いできたオーナーのため、ヤナセが独自に輸入しているフルサイズセダン「XTS」。おおらかで鷹揚な、ちょっと懐かしいアメリカンラグジュアリーの魅力をリポートする。

新車で買える「昔のアメ車」

もうなくなっちゃったのかな、でも時代の要請かな、「昔はよかった」なんて言うのはよくないよな、言ったってしかたないな……と思っていたら、まだあった! ヤナセさんが頑張って入れてくれたおかげで、ものすごく久しぶりに「昔のアメ車」に新車で乗ることができた。

「キャデラックXTS」。現在、シボレーやキャデラックなどのGM各車を正規に輸入しているのはGMアジア・パシフィックだが、XTSはかつてのキャデラックやフォルクスワーゲンのインポーターであり、今はガイシャをよく知る販売会社となったヤナセ(の関連会社)が、独自に輸入するフルサイズのセダンだ。

キャデラックは、大昔はそれはそれは高級車で、プレミアムの代表的存在。メルセデスがどうした? 比べるならロールス・ロイス持ってこいというほどのビッグネームだったが、だんだんドイツ車に押され気味となり、ある時、本気で欧州車に立ち向かおうと決意。FFだらけだったラインナップを次々にFRに置き換えた。日本でも人気の「ATS」や、先日新型が発表された「CTS」は、グローバルで戦うための新世代キャデラックだ。

キャデラックの最上級セダンにふさわしい、堂々とした出で立ち。全長×全幅×全高=5130×1850×1510mmという外寸は、ライバルでいえば「メルセデス・ベンツSクラス」に匹敵する。
キャデラックの最上級セダンにふさわしい、堂々とした出で立ち。全長×全幅×全高=5130×1850×1510mmという外寸は、ライバルでいえば「メルセデス・ベンツSクラス」に匹敵する。
大柄なボディーの恩恵もあって、ゆったりとした車内。インテリアカラーは2種類から選ぶことができる。
大柄なボディーの恩恵もあって、ゆったりとした車内。インテリアカラーは2種類から選ぶことができる。
メーターは「ATS」などと同じデジタル表示。複数の表示レイアウトの中から、使いやすいものを選ぶことができる。(クリックすると、表示の切り替わる様子が見られます)
メーターは「ATS」などと同じデジタル表示。複数の表示レイアウトの中から、使いやすいものを選ぶことができる。(クリックすると、表示の切り替わる様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更 2017.1.5 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る