「ボルボV40」の2014年モデルは自転車も検知

2013.06.10 自動車ニュース
「ボルボV40」
「ボルボV40」

「ボルボV40」の2014年モデルは自転車も検知

ボルボ・カー・ジャパンは2013年6月7日、「V40」シリーズ2014年モデルの日本での販売を開始した。

2014年モデルのV40シリーズでは、新たな安全技術として「歩行者・サイクリスト検知機能付きオートブレーキ・システム」が採用された。
このシステムは、自動ブレーキシステムの「ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)」に、サイクリストの検知機能を追加したものである。具体的には、車両前方に備えられた高解像度カメラとレーダーが、自車の進行方向を監視。同じ方向に向かって走る自転車が進路内に入り、衝突が避けられないと判断した場合、光と音によってドライバーに注意を促すとともに、自動でフルブレーキを作動させて追突を回避、もしくはその衝撃を軽減することができる。

このシステムは、車線逸脱防止装置や全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールなどとともに「セーフティ・パッケージ」に含まれ、全モデルに20万円でオプション設定される。

また、「ナビゲーション・パッケージ」と「レザー・パッケージ」の設定対象を拡大。ともにエントリーグレードの「V40 T4」でオプション装着が可能となったほか、「ナビゲーション・パッケージ」は「V40 T4 SE」に標準装備となった。

価格は、以下の通り。V40 T4 SEがナビの標準装備にともない値上げされたほかは、従来モデルから変更はない。

・V40 T4:269万円
・V40 T4 SE:329万円
・V40 T5 R-DESIGN:399万円
・V40クロスカントリー T5 AWD:359万円

(webCG)
 

関連キーワード:
V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 第5回:伊勢・志摩のドライブシーンを写真で紹介 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボで名だたる道を駆け、あこがれの場所に行く。その風景を写真で紹介する。
  • ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース ボルボ・カーズは2017年9月21日(現地時間)、イタリア・ミラノにおいて「XC40」を世界初公開した。「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つコンパクトSUVであり、新開発の小型車用モジュラープラットフォーム「CMA」を採用している。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る