ポルシェ911カレラS(RR/7AT)

尽きぬ官能 2013.06.24 試乗記 「GT3」や「ターボ」といったハイパフォーマンスバージョンの受注が始まった、991型「ポルシェ911」。その魅力の源はどこにある? 比較的ベーシックなRRモデル「911カレラS」で確かめた。

いまだ純粋、純血種

2011年のフランクフルトショーでデビューしたのが、現行991型「911」である。日本に上陸したのは昨年で、私はこの個体に一度乗ったことがある。そのときは、特に感心しなかった。なぜといって、911もずいぶんゴージャス路線になった気がしたからだ。フラット6は巡航中、ますます静かになった。ホイールベースが100㎜延長され、乗り心地がますますよくなった。よすぎるほどに。
アルミ素材の導入により、最大60kgの減量を果たした、というけれど、ボディーが大きくなったことは間違いなかった。911の鋭さがうせている。以来、私の目には、911がフツウのクルマに見え始めていた。

しかも、今回は「フェラーリF12ベルリネッタ」をたっぷり楽しんだあとだった。6.3リッターV12のあまりに豊穣なあの感触が残っている人間に、3.8リッター6気筒ではビジネスライクに過ぎよう。金の多寡で判断すれば、カレラSはF12の半値以下である。3000万円超の宴の後、1500万円弱の二次会に誰が興奮しよう……。

もちろん、大間違いなのである。ポルシェ911カレラSは、たとえフェラーリF12ベルリネッタのあとだろうと、なんだろうと、メチャクチャよかったのだ。純粋、純血のドライビングマシン。情動の爆発をともなうピュアスポーツカー。それがポルシェ911なのだ。

まずもって、フラット6をたたえたい。8500rpmまで、快音を発しながら無振動で回り切る。PDKは飛ばしていると、減速時に自動的に中ブカシを入れてシフトダウンしてくれる。爆裂音に精神がおのずと高揚する。
アクセルを床まで踏み切る快感がある。シャシーとパワーのバランスが、すばらしくイイのだ。全体が安心感の塊で、自信を持ってコーナーに入っていける。ボディーねじり剛性が先代比で25%上がっている。前述したホイールベースの延長に加えてトレッドの拡大という基本の改善、さらにアクティブにロールを制御するPDCC(ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール・システム)なる電子制御により、姿勢が常にフラットに保たれる。まったく乱れない。ステアリングをはじめとする操作系には、いかにも信頼できる、ある重さがある。

991型と呼ばれる7代目の「ポルシェ911」は、2011年9月のフランクフルトショーにて初登場。同年11月には日本市場でも受注が開始された。
991型と呼ばれる7代目の「ポルシェ911」は、2011年9月のフランクフルトショーにて初登場。同年11月には日本市場でも受注が開始された。
「ポルシェ911」といえば5連メーター。中央タコメーターの右側は、液晶のマルチインフォメーションディスプレイになっている。
「ポルシェ911」といえば5連メーター。中央タコメーターの右側は、液晶のマルチインフォメーションディスプレイになっている。
スーパースポーツモデル「カレラGT」のデザイン要素を、センターコンソールを中心に取り入れたコックピット。機能的にも、ステアリングホイールとシフトレバーの位置が近くなるように配慮されている。
スーパースポーツモデル「カレラGT」のデザイン要素を、センターコンソールを中心に取り入れたコックピット。機能的にも、ステアリングホイールとシフトレバーの位置が近くなるように配慮されている。
400psのパワーや電子制御システムが注目される「カレラS」だが、燃費を稼ぐ、コースティング機能やアイドリングストップ機能などもセリングポイント。
400psのパワーや電子制御システムが注目される「カレラS」だが、燃費を稼ぐ、コースティング機能やアイドリングストップ機能などもセリングポイント。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る