メルセデス・ベンツE250アバンギャルド(FR/7AT)/E400ハイブリッド アバンギャルド(FR/7AT)

節目のビッグマイナー 2013.06.13 試乗記 内外装からパワートレイン、安全装備に至るまで、合計2000カ所以上の変更を受けた「メルセデス・ベンツEクラス」。V6エンジンが直4ターボに置き換えられるこの「節目」の時代、メルセデスの中核モデルはどう進化した?

6モデルを追加して全21モデルに

メルセデス・ベンツの「Eクラス」がモデルチェンジした。従来の区切り方でいえばマイナーチェンジなのかもしれないが、インポーターいわく2000カ所以上の変更が施され、見た目も大きく変わり、モデルラインナップも大幅に拡充するなど、プラットフォームが変わっていないだけで、規模感からするとフルモデルチェンジに近い。

ひと目でわかる変更点は顔が変わったこと。「Cクラス」同様、ほとんどのモデルでフロントグリルの中央に大きなスリーポインテッドスターが配置されるようになった。古い話をすると、メルセデスのセダンにはグリル上にスリーポインテッドスターのオーナメントがあり、クーペや「SL」など華やかなモデルにはグリルの中央に大きなスリーポインテッドスターが置かれるのが、いわばお約束だった。

現行のCクラスセダンでそれを崩したのだが、崩したといっても別に未来永劫(えいごう)その約束を守ると宣言していたわけではなく、技術的な理由でもなかったので、現行Cクラスが街にあふれるようになると、発表直後の違和感はなくなった。EクラスはCクラスよりもオーセンティックなモデルであり、カンパニーカーとしての用途も多いだろうから、サントリーの健康食品みたいに「若返り効果」や「妻の見る目が変わった!」的な要素が必要なのかな? と思わないでもなかったが、実物はうまくまとまっていたのと、新型にもわずかに残る従来の顔つきのほうがすてきとも思わなかったので、これはこれでいいのだろう。

ただ、「CLS」という同じコンポーネンツを用いる色っぽいモデルを新たに設定したのだし、「A」や「B」など、若々しいモデルも増やしたのだから、昔からあるEクラスくらいは、ハイテク満載の中身とは裏腹に古めかしいくらいの見た目を保ってほしいと思う。そうしてくれたって僕がメルセデスに何かお返しすることはできないので、言ってもしかたないことではあるのだが。

顔つきのほかにも、ボディーサイドのキャラクターラインの入れ方やリアコンビまわりなども変わったが、大幅な顔の整形ぶりに比べれば、シミ取り程度といったところ。

見た目の変化よりも、モデル数が増えたことのほうが重要だと思う。Eクラスはベーシックなモデルから順に、「E250」(2リッター直4ターボ)、「E300」(3.5リッターV6)、「E300 4MATIC」(3.5リッターV6)、「E350」(3.5リッターV6)、「E350ブルーテック」(3リッターV6ターボ)、「E400ハイブリッド」(3.5リッターV6+モーター)、「E550」(4.7リッターV8ターボ)、「E63 AMG」「E63 AMG 4MATIC」「E63 AMG S」「E63 AMG S 4MATIC」(いずれも5.5リッターV8ターボ)と、これでもかというほどのモデル数を誇る。念のために言っておくと、ブルーテックとあるのはディーゼルで、4MATICとあるのは4WDだ。これでEクラスは最安で595万円、最高で1817万円と価格帯の広いモデルとなった。

フルLEDの「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」が採用された。4灯ヘッドライトを新たなデザインで表現している。
「E250アバンギャルド」の室内。室内各所にシャドウシルバーのインサートを配し、質感を向上させた。また、インパネの中央にはアナログクロックが新設された。
「E250アバンギャルド」のフロントシート。「レザーDINAMICA」と呼ばれる、合皮とスエード調ファブリックのコンビネーションシートが標準となる。
「E250アバンギャルド」のリアシート。有償オプションとして本革シートも用意される(写真は「レザーDINAMICA」)。
「E400ハイブリッド」のリアビュー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(後編) 2016.11.10 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、今回も引き続き新型「メルセデス・ベンツEクラス」に試乗。自動運転を見据えた新機軸が数多く搭載される新型は、どんなドライバーにお似合いか。谷口が指南する!
ホームへ戻る