第53回:デューセンバーグで時代を駆け抜けた偉大な男の肖像
『華麗なるギャツビー』

2013.06.12 エッセイ

不倫映画なのに3D!?

フランシス・コッポラ監督が『華麗なるギャツビー』を制作したのは、1974年のことだった。主演はロバート・レッドフォードである。およそ40年を経て、バズ・ラーマンが新たなギャツビーを創造した。レオナルド・ディカプリオがギャツビーを演じる。いかにも何か型破りなことをしでかしそうな組み合わせだ。

そして実際、この映画は3Dを採用するという常識はずれなことをやっている。『アバター』のヒットで3D映画は何度目かの黄金期を迎え、アクションやファンタジーのジャンルで多くの作品が作られた。飛び出す効果を最大限に生かせるからだ。新たな流れとして、奥行きや広がり感を強調した『ライフ・オブ・パイ』や、時間を組み込むという離れ技を見せた『フラッシュバック・メモリーズ3D』などの優れた試みもある。それでも、まさか『ギャツビー』が3Dになるとは想像しなかった。乱暴に言ってしまえば、不倫を扱ったメロドラマなのだ。不倫といっても、イケメンと合コンして夫が出張中の家にお持ち帰りした、なんていうショボい話ではないけれど。

世界文学史上に輝くスコット・フィッツジェラルドの名作を、わざわざ立体映像に仕立てた理由ははっきりしている。“狂乱の20年代”と呼ばれる時代の浮かれぶりを、直感的に伝えたかったのだ。ギャツビー邸で連夜繰り広げられるパーティーでは、紙吹雪が舞う中を半裸の女たちが踊り狂い、庭の向こうで花火が打ち上がる。思い思いに着飾った大勢の客がシャンパンで乾杯し、プールに飛び込むお調子者もいる。3Dのおかげで観客は極彩色のばか騒ぎのただ中にいるように感じ、自分がそこに参加しているような高揚感に包まれるのだ。

(C)2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
(C)2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

第53回:デューセンバーグで時代を駆け抜けた偉大な男の肖像『華麗なるギャツビー』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。