ホンダ・アコード ハイブリッド 開発者インタビュー

移動を楽しむために 2013.06.20 試乗記 本田技術研究所
四輪R&Dセンター
第11技術開発室 第7ブロック 主任研究員
二宮亘治(にのみや こうじ)さん

ホンダの次世代ハイブリッドモデルの先陣を切ってデビューした新型「アコード ハイブリッド」。このクルマに込めた思いを、開発責任者に聞いた。

ようやく花開きつつある“2モーター”の研究

HV(ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、EV(電気自動車)の大波が押し寄せるクルマ界、あのホンダが黙っているわけがない。F1に復帰しても超高性能スポーツカーを開発しても、その奥に電気の芽を潜ませてこその新時代。新しい「アコード ハイブリッド」と「アコード プラグインハイブリッド」も、そんな風を胸いっぱい吸い込んでいる。

そこで、どんな思いで、何を目指して新型アコードを育てたのか、開発責任者(LPL)を務めた二宮恒治さん(本田技術研究所四輪R&Dセンター第11技術開発室第7ブロック主任研究員)を直撃してみた。1997年の入社以来シャシー研究開発に没頭して16年、今やアブラの乗りきった働き盛り。私生活ではゴルフのほかオフロードバイクを愛し、「CRF250R」にまたがる本格派ライダーでもある。

――ホンダは昨年、2モーターや3モーターの新世代ハイブリッド技術を発表して反攻に転じました。そういえば、初代「インサイト」以来のIMA(インテグレーテッド・モーターアシスト)方式は、ライバルからはマイルドハイブリッドとか電動アシストとか、悪口を言われてましたよね。

ずっと前から、2モーターの検討は重ねてたんです。1モーターでは、走行と発電の役割を分担するような自由度がありませんし、プラグイン化も難しいし。ただ、モーターの効率などが、今回の新型アコードで使用可能になったようなレベルに届くまで、満を持して構想を温めていたといったところです。

9代目となる今回の「アコード」は、日本ではハイブリッド専用車種として販売される。
9代目となる今回の「アコード」は、日本ではハイブリッド専用車種として販売される。
2リッター直4エンジンに2基のモーター(駆動用モーターとジェネレーター)を組み合わせた「アコード ハイブリッド」のパワーユニット。向かってエンジンの右側、通常はトランスミッションがある場所に収まっているのがモーターだ。
2リッター直4エンジンに2基のモーター(駆動用モーターとジェネレーター)を組み合わせた「アコード ハイブリッド」のパワーユニット。向かってエンジンの右側、通常はトランスミッションがある場所に収まっているのがモーターだ。
<プロフィール>
1997年に本田技研工業に入社し、ホンダ技術研究所のシャシー研究部門に配属。2005年に同部門のPL(開発責任者)に就任してからは、従来モデルの「アコード」や「アキュラTSX」などの開発に携わってきた。現在はLPL(商品開発責任者)として「アコード ハイブリッド」開発の指揮を執っている。
<プロフィール>
    1997年に本田技研工業に入社し、ホンダ技術研究所のシャシー研究部門に配属。2005年に同部門のPL(開発責任者)に就任してからは、従来モデルの「アコード」や「アキュラTSX」などの開発に携わってきた。現在はLPL(商品開発責任者)として「アコード ハイブリッド」開発の指揮を執っている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る