ホンダ・アコード ハイブリッド 開発者インタビュー

移動を楽しむために 2013.06.20 試乗記 本田技術研究所
四輪R&Dセンター
第11技術開発室 第7ブロック 主任研究員
二宮亘治(にのみや こうじ)さん

ホンダの次世代ハイブリッドモデルの先陣を切ってデビューした新型「アコード ハイブリッド」。このクルマに込めた思いを、開発責任者に聞いた。

ようやく花開きつつある“2モーター”の研究

HV(ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、EV(電気自動車)の大波が押し寄せるクルマ界、あのホンダが黙っているわけがない。F1に復帰しても超高性能スポーツカーを開発しても、その奥に電気の芽を潜ませてこその新時代。新しい「アコード ハイブリッド」と「アコード プラグインハイブリッド」も、そんな風を胸いっぱい吸い込んでいる。

そこで、どんな思いで、何を目指して新型アコードを育てたのか、開発責任者(LPL)を務めた二宮恒治さん(本田技術研究所四輪R&Dセンター第11技術開発室第7ブロック主任研究員)を直撃してみた。1997年の入社以来シャシー研究開発に没頭して16年、今やアブラの乗りきった働き盛り。私生活ではゴルフのほかオフロードバイクを愛し、「CRF250R」にまたがる本格派ライダーでもある。

――ホンダは昨年、2モーターや3モーターの新世代ハイブリッド技術を発表して反攻に転じました。そういえば、初代「インサイト」以来のIMA(インテグレーテッド・モーターアシスト)方式は、ライバルからはマイルドハイブリッドとか電動アシストとか、悪口を言われてましたよね。

ずっと前から、2モーターの検討は重ねてたんです。1モーターでは、走行と発電の役割を分担するような自由度がありませんし、プラグイン化も難しいし。ただ、モーターの効率などが、今回の新型アコードで使用可能になったようなレベルに届くまで、満を持して構想を温めていたといったところです。

9代目となる今回の「アコード」は、日本ではハイブリッド専用車種として販売される。
9代目となる今回の「アコード」は、日本ではハイブリッド専用車種として販売される。
2リッター直4エンジンに2基のモーター(駆動用モーターとジェネレーター)を組み合わせた「アコード ハイブリッド」のパワーユニット。向かってエンジンの右側、通常はトランスミッションがある場所に収まっているのがモーターだ。
2リッター直4エンジンに2基のモーター(駆動用モーターとジェネレーター)を組み合わせた「アコード ハイブリッド」のパワーユニット。向かってエンジンの右側、通常はトランスミッションがある場所に収まっているのがモーターだ。
<プロフィール>
1997年に本田技研工業に入社し、ホンダ技術研究所のシャシー研究部門に配属。2005年に同部門のPL(開発責任者)に就任してからは、従来モデルの「アコード」や「アキュラTSX」などの開発に携わってきた。現在はLPL(商品開発責任者)として「アコード ハイブリッド」開発の指揮を執っている。
<プロフィール>
    1997年に本田技研工業に入社し、ホンダ技術研究所のシャシー研究部門に配属。2005年に同部門のPL(開発責任者)に就任してからは、従来モデルの「アコード」や「アキュラTSX」などの開発に携わってきた。現在はLPL(商品開発責任者)として「アコード ハイブリッド」開発の指揮を執っている。
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る