個性派の新型軽「スペーシア カスタム」発売

2013.06.12 自動車ニュース
「スズキ・スペーシア カスタムTS」(ボディーカラー:スチールシルバーメタリック)
「スズキ・スペーシア カスタムTS」(ボディーカラー:スチールシルバーメタリック)

個性派ハイトワゴン「スズキ・スペーシア カスタム」発売

スズキは2013年6月12日、軽乗用車のニューモデル「スペーシア カスタム」を発売した。

ブラック基調でコーディネートされた「スペーシア カスタム」のインテリア。
ブラック基調でコーディネートされた「スペーシア カスタム」のインテリア。
運転席まわりの様子。
運転席まわりの様子。
新色のクールカーキパールメタリック。ボディーカラーは全7色が用意される。
→「スズキ・スペーシア カスタム」の詳しい写真はこちら
 
新色のクールカーキパールメタリック。ボディーカラーは全7色が用意される。
	(→「スズキ・スペーシア カスタム」の詳しい写真はこちら)
	 

「スペーシア カスタム」は、2013年3月に発売されたハイトワゴン「スペーシア」の派生モデル。室内の広さや使い勝手のよさ、最高27.8km/リッター(JC08モード)の優れた燃費といった長所はそのままに、独自のドレスアップによる個性的な内外装が、大きな特徴となっている。
後席の両側ワンアクションパワースライドドア(グレードにより選択可能)など、充実した機能・装備もセリングポイントである。

「スペーシア カスタム」の主な専用装備は以下の通り。

【内外装】
・LEDポジションランプ内蔵のヘッドランプ
・スケルトン構造のフロントグリル
・専用デザインの前後エアロバンパー
・専用デザインのアルミホイール
・ピアノブラック調塗装を施したオーディオガーニッシュ、ドアアームレスト
・ブラック基調の専用シート
・エアコンルーバーリングおよびインサイドドアハンドルのシルバー加飾

【機能・装備】
・LEDイルミネーション等が点灯するアンサーバック機能
・トップシェード付きのフロントガラス
・後席の両側ワンアクションパワースライドドア(グレードによる)

なお、エンジンなど機関部分については「スペーシア」と変わらない。
ボディーカラーは新色「スチールシルバーメタリック」「クールカーキパールメタリック」を含む全7色で、価格は「GS」(FF、自然吸気モデル)の141万2250円から、「TS」(4WD、ターボモデル)の174万5100円まで。

これにあわせて、「スペーシア」の「X」グレードと「T」グレードにも、後席右側ワンアクションパワースライドドアがオプション設定された。

(webCG)

→「スズキ・スペーシア カスタム」の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
スペーシア カスタムスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【東京モーターショー2017】スズキが新型「スペーシア」のコンセプトカーを発表 2017.9.22 自動車ニュース スズキが東京モーターショーに「スペーシア コンセプト」「スペーシア カスタム コンセプト」を出展すると発表した。スズキの新しい軽ハイトワゴンを示唆するコンセプトモデルで、ユニークなスタイリングと充実した安全装備を特徴としている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「オデッセイ」の情報を先行公開 2017.9.28 自動車ニュース 本田技研工業は2017年9月28日、同年11月にマイナーチェンジを予定している「オデッセイ」に関する情報を、ホームページ上で先行公開した。エクステリアデザインの変更に加え、安全運転支援システム「ホンダセンシング」の機能強化を予定している。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記
  • ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース