アウディRS 4アバント(4WD/7AT)

飾らない実力者 2013.06.25 試乗記 アウディのハイパフォーマンスワゴン「RS 4アバント」がモデルチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りや、いかに?

走る前から別格

「A4」のワゴンボディーに450psの自然吸気4.2リッターV8を載せたのが、新しい「RS 4 アバント」である。RS 4としては3世代目。エンジンは「RS 5」に搭載されているものと基本的に同じだが、2006年に登場した先代RS 4よりさらに30psのパワーアップを果たし、環境性能も進化した。

“A4のワゴンボディー”といっても、新型RS 4アバントの押し出しは相当なものである。日本仕様は、本国だとオプションの20インチホイールが標準装備。265/30ZR20の「ミシュラン・パイロットスポーツ」を収めるホイールハウスはブリスターフェンダーで膨らみ、最低地上高もノーマルの「A4アバント」より20mmローダウンしている。

“RS 4の下”の「S4」は、1年前にA4とともに国内デビューした。当時、アウディ ジャパンでその「S4アバント」を借り、スタートした直後、間違ってA4を借り出してしまったか!? とアセって確認の電話を入れたことがある。それくらい、333psの3リッターV6スーパーチャージャーを積むS4はふだんのマナーがおしとやかだった。
その点、RS 4はさすが“アール”である。鍛造のピストンやクランクシャフトやコンロッドを組み込んだV8エンジンのタダならぬ存在感はアイドリング中でも隠しきれない。そもそもS4と違ってアイドリングストップ機構は付いていない。ドライブセレクトで「ダイナミック」を選ぶと、デュアルエキゾーストシステムのステンレス製テールパイプに内蔵されたフラップが開いて、コクピットに届く排気音は圧力さえ感じさせる重低音に変わる。

RSモデルは、言うまでもなくアウディのトップガンである。日本のオフィシャルサイトではS4とともにA4シリーズの一員だが、ドイツ本国のサイトではRSシリーズとして別格扱いされている。


アウディRS 4アバント(4WD/7AT)【試乗記】の画像
アルミホイールのサイズは20インチ。比較的軽量な、花弁型のブレーキディスクが組み合わされる。
アルミホイールのサイズは20インチ。比較的軽量な、花弁型のブレーキディスクが組み合わされる。
サイドサポートの豊かな、スポーツタイプのフロントシート。表皮は高級レザー「ファインナッパ」で、シートヒーターも与えられる。
サイドサポートの豊かな、スポーツタイプのフロントシート。表皮は高級レザー「ファインナッパ」で、シートヒーターも与えられる。

フロントに縦置きされる4.2リッターV8は、先代モデルよりも30ps増しの450psを発生。43.8kgmの最大トルクは値こそ変わらないが、その発生ポイントは5500rpmから4000rpmへと下げられた。


    フロントに縦置きされる4.2リッターV8は、先代モデルよりも30ps増しの450psを発生。43.8kgmの最大トルクは値こそ変わらないが、その発生ポイントは5500rpmから4000rpmへと下げられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る