第300回:悪い虫よさようなら! プラスチック製シートがイイみたい?

2013.06.14 エッセイ

イタリアでは、無縁だった「あの虫」が!

日本人のボクにとって、イタリアでありがたいことのひとつに「ゴキブリがいない」ということがあった。
17年前イタリア中部シエナにやってきて以来、これまでに4軒のアパルタメントに住んできたが、いまだゴキブリには遭遇したことがない。「イタリアは湿度が低いから、ゴキブリにとって住みにくいんだろうな」というのが、ボクの勝手な解釈だった。

ところが2012年7月、南部ナポリで「ワモンゴキブリ」といわれる大型のゴキブリが発生した。ゴキブリ慣れしていないイタリアゆえ、テレビや新聞で大きなニュースとなった。
当初「南部エオリア諸島を結ぶフェリーに紛れ込んで半島上陸を果たしたのではないか?」との説が浮上し、同地の村長が「根拠がない」と猛烈に抗議するドタバタもあった。

そしてついに先日、ボクもシエナ旧市街で、石畳の上にゴキブリらしきものを発見した。リストランテの勝手口近くだったから、そこから出現したものだろう。実はそのとき「キモいぞ」「よく見ると、メカニカルだ」などと実況しながら、それを撮影した写真もあるのだが、読者の皆さんの気分を害するといけないので掲載は控えることにした。

イタリアでは、間もなく付加価値税率が22%に上がる。最新統計によると「年間162日は税金を払うためだけに働いている」というイタリアで、ゴキブリがいないことは数少ないメリットだったが、いよいよそれも消えてしまうようだ。

参考までにイタリアでは、蚊の幼虫を食べてくれることからコウモリを飼う人がいる。そのためコウモリ用飼育箱が、生協やDIYセンターで時折売られている。「ゴキブリホイホイ」のような対策アイテムがいまだ普及していないこの国で、ゴキブリ対策にも、何かよい動物が見つかるとよいのだが。

ピサ県ヴォルテッラの路線バス。こうした旧市街で使うバスは、それなりに小型なのだが、中世の城壁を通るのは超絶技巧を要する。
シエナ市内バス車内のFRP製シート。車両自体は「アウトードロモ」という、もう倒産してしまったカロッツェリア製だが、このシートはさまざまなバスに使われている、いわば汎用(はんよう)品である。
ミラノ地下鉄2号線のプラスチックシート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。