ポルシェ・ケイマンS(MR/7AT)/ケイマン(MR/6MT)

最も“正しい”ポルシェ 2013.06.18 試乗記 2012年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された2代目「ケイマン」がいよいよ日本に上陸。3.4リッターのフラット6を搭載する「ケイマンS」と、2.7リッターの「ケイマン」を試した。

ポルシェの術中にはまりそう……

7年ぶりに新しくなった「ポルシェ・ケイマン」。ホイールベースを60mm延ばしつつ、ボディーの大きさは、ほぼ同じ。コンセプトをキープしつつ、安全、環境面での性能向上を果たしたモデルだ。エンジンは、ケイマンが排気量を2.9から2.7リッターに縮小しつつ、パワーは10psアップした275ps。ケイマンSの3.4リッターは、5ps高い325psになった。今後、頃合いを見計らって、チューンの度合いを高めていくのだろう。トランスミッションは、6段MTと7段PDKが用意される。アイドリングストップ機能に加え、PDKモデルには、巡航時などにエンジンとトランスミッションを切り離すコースティング機能が付く。

価格は、以下の通り。
・ケイマン(6MT/PDK):612万円/659万円
・ケイマンS(6MT/PDK):773万円/820万円

いつものことながら……と書くと、なんだかエラそうで申し訳ないのだが、『webCG』スタッフの人が送ってくれたポルシェ・ケイマンとケイマンSの、試乗車オプションリストを見てビックリする。

ケイマン(MT)のオプションは、全部で113万9000円。「これくらいなら、まぁ……」と感じてしまう自分もナンだが、ケイマンS(PDK)に至っては、オプション総額237万4000円! クルマ全体の値段は、1057万4000円にもなる。「ポルシェ911カレラ」の7MTモデルが素で1145万円だから、もう100万円弱出して、ナインイレブンを買ったほうが絶対オトク、かも! でもマニュアルは面倒くさいから、やっぱりPDKで。そうなると、1220万円。せっかく911を買うのだから、アレも欲しいし、コレも付けたい……と、みごと、ポルシェの術中にはまってしまうわけである。

さて、21世紀初頭にシュトゥットガルトの救世主ことSUVの「カイエン」が出てからこっち、ポルシェをして「ピュア・スポーツカー・メーカー」と呼びにくくなったのが残念だが、それでも最も“正しい”ポルシェといえば、ケイマンだろう。あるべき所に収まったエンジン。軽量にして高剛性のクーペボディー。無理なくスタイリッシュなフォルム。仕事を、遊びを、どちらもバリバリやろうという働き盛りが、このクルマに惚(ほ)れなかったらウソである。

上級モデルの「ケイマンS」は引き続き3.4リッターのフラット6を搭載。リアエンドのスポイラーは120km/hを超えると自動的に上昇する(手動による操作も可能)。
上級モデルの「ケイマンS」は引き続き3.4リッターのフラット6を搭載。リアエンドのスポイラーは120km/hを超えると自動的に上昇する(手動による操作も可能)。
インストゥルメントパネルのデザインは兄弟車の「ボクスター」と共通。テスト車のインテリアはオプションのナチュラルレザー仕様(75万3000円)。
インストゥルメントパネルのデザインは兄弟車の「ボクスター」と共通。テスト車のインテリアはオプションのナチュラルレザー仕様(75万3000円)。
PDKは7段。燃料消費の低減を目的に、エンジンとトランスミッションを切り離す「コースティング」機能が備わる。
PDKは7段。燃料消費の低減を目的に、エンジンとトランスミッションを切り離す「コースティング」機能が備わる。
テスト車には18段階の電動調整が可能なオプションのスポーツシート(57万8000円)が備わる。
テスト車には18段階の電動調整が可能なオプションのスポーツシート(57万8000円)が備わる。
関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ・ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2015.12.30 試乗記 「ポルシェ・ケイマン」のトップグレード「GT4」に試乗。「911カレラS」のエンジンや「911 GT3」ゆずりの足まわりを得て、MRスポーツカーの走りはどのように仕上がったのか?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る