新型「ロータス・エキシージ」は2013年7月上陸

2013.06.14 自動車ニュース
「ロータス・エキシージS」
「ロータス・エキシージS」

新型「ロータス・エキシージ」は2013年7月上陸

ロータスの正規輸入元エルシーアイは2013年6月13日、スポーツカー「エキシージ」の新型を同年7月25日に発売すると発表した。

日本市場で扱われるロータス車の中で、しばらくカタログから姿を消していた「エキシージ」が、新型になって帰ってくる。

正式なモデル名は、「エキシージS」。駆動方式はこれまでと同じMRであるものの、ホイールベースは既存の「エリーゼ」シリーズよりも長くとられ、さらにパワフルなトヨタ製の3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンが搭載される。

車両重量は1176kgで、公表されている0-100km/hの加速タイムは4秒、最高速は274km/h。現行のロータス車の中で、最もスパルタンなモデルになっているという。
価格は、現時点では明らかにされていない。

(webCG)

■「ロータス・エキシージS」オフィシャルムービー
 


 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る