第190回:コンチネンタル「TechShow 2013」を取材
クルマの自動運転技術はここまで進化している!

2013.06.19 エッセイ

近未来のテクノロジーを体験

いま僕は怪しげな「フォルクスワーゲン・パサート」の後席に乗せられている。直線を進んでいくと、突然、歩行者(実際は歩行者に見立てた人形)がクルマの前を横切る。次の瞬間、クルマはフルブレーキで止まり、事なきを得た。まあ、ここまでは最近よく体験する「自動緊急ブレーキ」とほぼ同じ。スタート地点にクルマを戻しながら、運転席のスタッフが言う。「次はもう少しスピードを上げてみましょう」。そのあと、信じられないようなことが……。

北ドイツの都市ハノーバー(ハノーファー)。その北部に「コンチドローム」と呼ばれるテストコースがある。名前から想像がつくように、ここはコンチネンタル社の自前のプルービンググラウンド。最大傾斜58度のバンクを持つオーバルコースをはじめ、スキッドパッドやハンドリング路といったさまざまなコースが用意され、タイヤ開発などに使われている。愛車に「コンチスポーツコンタクト5」を装着してるから……というわけではないが、一度は訪れてみたい場所だった。

しかし、今回の訪問はタイヤのテストが目的ではない。「TechShow 2013」と呼ばれる技術プレゼンテーションを取材するためだ。コンチネンタルといえば、世界第4位のタイヤメーカーであり、ヨーロッパの新車装着率ナンバーワンを誇る信頼のブランド。ヨーロッパ車のオーナーにはおなじみだが、同社の売り上げに占めるタイヤの割合は3割ほどで、実はパワートレイン、シャシー、セーフティー、インテリアなどの自動車パーツの比率がタイヤを上回っている。

そんな自動車部品サプライヤーのコンチネンタルが、近未来のテクノロジーを披露するイベントがTechShow 2013である。

ドイツ・ハノーバーにあるテストコース「コンチドローム」で3日間にわたり開催されたコンチネンタルの「TechShow 2013」。ヨーロッパだけでなく、アメリカ、アジアなどから大勢のジャーナリストが詰めかけた。
ドイツ・ハノーバーにあるテストコース「コンチドローム」で3日間にわたり開催されたコンチネンタルの「TechShow 2013」。ヨーロッパだけでなく、アメリカ、アジアなどから大勢のジャーナリストが詰めかけた。
コンチネンタルといえばタイヤ。ハイパフォーマンスタイヤの「コンチスポーツコンタクト5P」の説明などが行われているブース。
コンチネンタルといえばタイヤ。ハイパフォーマンスタイヤの「コンチスポーツコンタクト5P」の説明などが行われているブース。
大径が特徴の「コンチeコンタクト」。EVやハイブリッドカー用に低転がり抵抗を実現。
大径が特徴の「コンチeコンタクト」。EVやハイブリッドカー用に低転がり抵抗を実現。
スマートフォンやタブレットでポジションやヒーター、マッサージ機能などがコントロールできるシート。個人のセッティングがスマホに記憶されるので、携帯していればいちいちシートを調節する必要がない。
スマートフォンやタブレットでポジションやヒーター、マッサージ機能などがコントロールできるシート。個人のセッティングがスマホに記憶されるので、携帯していればいちいちシートを調節する必要がない。
FF車をベースに、リアにモーターを装着してプラグインハイブリッド化した「アウディA3スポーツバック」。満充電で50kmのEV走行が可能だ。
FF車をベースに、リアにモーターを装着してプラグインハイブリッド化した「アウディA3スポーツバック」。満充電で50kmのEV走行が可能だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ