アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)

イタリアの宝 2013.06.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。

こだわりが伝わる

「ジュリエッタ」シリーズに追加された新グレード「スポルティーバ」は、1742ccの「クアドリフォリオ ヴェルデ」と1368ccの「コンペティツィオーネ」との、中間に位置する新グレードである。
18インチのホイール&タイヤとレザーシートはクアドリフォリオ ヴェルデ譲りで、エンジンはコンペティツィオーネや「スプリント」と同じ170psの1.4リッターターボ。クアドリフォリオ ヴェルデは6段MT仕様のみだから、ジュリエッタにATで乗りたい人にとっては、このスポルティーバが最上級グレードとなる。価格は、コンペティツィオーネより10万円高いだけの368万円。“お買い得感いっぱいのモデル”でもある。

アルファ・ロメオといえば、まずエンジン、そして足まわりだ。走行性能を最重視する姿勢を伝統としているこのブランドは、技術開発の最前線に立つことを、自らの義務と心得ている。
例えば、DOHC(ツインカムエンジン)は、今日のように広く一般化する前から実用車に採用してきた経緯がある――のだが、いまや、そのカムシャフトさえも葬り去ってしまった。「回転するカム山の突起で押し下げては、スプリングの復元力で戻す」という、これまでのバルブ開閉機構を改め、油圧と電子制御を使った、より自由度の高いバルブ制御システム「マルチエア」を搭載している。
もっとも、論理の上では決して新しいアイデアではない。実際、他社で試作エンジンなどを見せてもらったこともある。しかし、これを量産化して成功させたのはアルファが最初であり、その後も他の追従は見られない。

センターコンソールのスイッチで操作する「D.N.A.システム」は、その電子制御エンジンの可能性をちょっと遊びに振った、面白い装置だ。いわゆる「走行モードの切り替え」であるが、単にスロットル開度だけを変えて、あたかもパワーがスイッチひとつで変化するように見せかけたものとは違う。
例えば「D(ダイナミック)」モード選択時には、ターボの過給圧を瞬時にオーバーブースト状態にしたり、電子制御のディファレンシャルロックを作動させたりと、クルマのレスポンスを総合的にアップさせることができる。最高出力こそ170psと変わらないものの、最大トルクは「N(ノーマル)」や「A(オールウェザー)」の23.5kgm/2250rpmから25.5kgm/2500rpmへと増大する。

ちなみに「A」モードは、路面のミューが低い氷雪路などでの発進時に威力を発揮する。パワフルなFFのAT車では微妙なスロットルワークを行いづらいから、発生するトルクをあらかじめ絞ってしまおうというわけだ。だからといって、燃費の向上が期待できるわけではないから、通常は「N」や「D」を選んで、スロットルは自分でしっかりコントロールできるようにしたほうがいいだろう。

2013年3月に追加設定された「スポルティーバ(Sportiva)」。フェンダーには専用のエンブレムが配される。
2013年3月に追加設定された「スポルティーバ(Sportiva)」。フェンダーには専用のエンブレムが配される。
5ドアハッチバックの「ジュリエッタ」だが、リアドアのハンドルが目立たないデザイン処理もあって、2ドアクーペのようなたたずまいを見せる。
5ドアハッチバックの「ジュリエッタ」だが、リアドアのハンドルが目立たないデザイン処理もあって、2ドアクーペのようなたたずまいを見せる。
インテリアの様子。「スポルティーバ」のトランスミッション形式は、「アルファTCT」と呼ばれるデュアルクラッチ式の6段ATのみ。ハンドル位置も右に限られる。
インテリアの様子。「スポルティーバ」のトランスミッション形式は、「アルファTCT」と呼ばれるデュアルクラッチ式の6段ATのみ。ハンドル位置も右に限られる。
大型2眼の4連メーター。左から順に、速度計、燃料計、水温計、そして回転計。
大型2眼の4連メーター。左から順に、速度計、燃料計、水温計、そして回転計。
メーター中央下部に置かれるインフォーメーションディスプレイには、走行モードを変更できる「D.N.A.システム」の状況など、車両情報が表示される。
(写真をクリックすると、各種走行モードの選択画面が見られます)
メーター中央下部に置かれるインフォーメーションディスプレイには、走行モードを変更できる「D.N.A.システム」の状況など、車両情報が表示される。
    (写真をクリックすると、各種走行モードの選択画面が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る