BMW 320iグランツーリスモ モダン(FR/8AT)

飛ばさなくてもいい「3シリーズ」 2013.06.19 試乗記 「BMW 3シリーズ」にも「グランツーリスモ」の名を持つバリエーションが加わった。より長く、背が高いボディーは、3シリーズをどう変えたのか。

「3」以上「5」未満のハッチバッククーペ

「うーん、今のはちょっと横綱らしくない相撲でしたねぇ」 たとえ勝ったとしても、実力で勝る横綱がちょっとトリッキーな動きを見せると、土俵下に陣取ったしわがれ声の解説者がこう不満を漏らしたものだ。勝負事だから勝つのが最優先ではあるのだが、とかくわれわれは王者には王者にふさわしい勝ち方というか、堂々とした振る舞いを求めがちだ。かくいう私もオヤジ世代だからその気持ちには共感できる。

このBMWの新型車に接した時の印象も似たようなものだった。すなわち、セダンやステーションワゴンといった定番モデルを真ん中直球とすれば、この「グランツーリスモ」のようなニッチなモデルは言うなればチェンジアップのようなもの、常勝チームの不動のエースにふさわしい決め球とは言えないのではないか、と割り切れない思いを抱いたのだ。
ストライクゾーンをかすめて逃げていく球のような“外し”のモデルは、真っ向勝負ではちょっと分が悪いメーカーが手掛けるのなら納得できるが、BMWのような名門、しかもドイツの“プレミアムリーグ”で首位を走るトップチームとしては、メインストリームの定番だけで十分勝負できるのではないかというわけだ。
とはいえ今やポルシェがSUVを作り、メルセデスもFFモデルを拡充している時代である。ライバルの出方に対応しないわけにはいかないのだろう。しかも実際に乗ってみると、BMWらしい説得力に満ちた出来栄えだった。どんなゲームになったとしても一流プレーヤーに抜かりはないのである。

この6月初めに国内発売された「3シリーズ グランツーリスモ」は、先に登場した「5シリーズ グランツーリスモ」と同様、現行「3シリーズ」をベースにした5ドア・ハッチバッククーペである。といっても、セダンにそのままハッチゲートを付け加えたわけではない。写真では分かりにくいかもしれないが、実際に間近で見ると相当のボリューム感がある。3シリーズというより、「5シリーズ」と説明されても疑問を感じないぐらいだ。
「320iグランツーリスモ」のボディーの外寸は全長4825×全幅1830×全高1510mmで、ホイールベースは2920mm。現行「3シリーズ ツーリング」(ステーションワゴン)と比べると全長で20cm、ホイールベースは11cm長く、全高も5cm高い。全長4.8mを超えているということはもはや立派なアッパーミドルであり、事実、先代の「5シリーズ」と比べるとボディーサイズはほぼ同じ、ホイールベースはむしろこの320iグランツーリスモのほうがわずかに長いぐらいなのである。

2013年3月のジュネーブショーで披露された「3シリーズ グランツーリスモ」。2リッター直4ターボ(320i/328i)のほか、3リッター直6ターボエンジン搭載車(335i)も用意される。ディーゼルモデルは日本には導入されない。
インパネのデザインはセダンに準じる。ただしシートポジションが6cmも高められている。
セダンと同様に、アイドリングストップ機構が標準で備わる。メーター間上部の点線表示は「車線逸脱警告システム」。試乗車には安全装備のセットオプション「イノベーション・パッケージ」(36万円)が装着されていた。
フロントグリル(キドニーグリル)はセダンより幅広にデザインされている。ヘッドランプの形状もセダンとは異なっている。
2リッター直4ターボエンジンは、「320iグランツーリスモ」では184psと27.5kgmに設定されている。JC08モード燃費は15.0km/リッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ グランツーリスモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る